ゲーセン日記、127

本当に本当に冬休みの最後の日。
家族を羽田に迎えに行きつつ、蒲田あたりでゲーセンめぐりをしてみた。

最近はどこもかしこも「アドアーズ」。
どこにでもかしこにでもあるので、探す手間がはぶけてありがたい。
蒲田には、なんと3店もある。

で、絆。
サラリーマンが店内をウロウロしている昼休み。
うーーん。
ポッドが、、、、きびしい。
いつも環境のいいところでプレイしているから、ついグチがこぼれるが、
モニターが焼けてる。
通信ラグがときどきはいる。

ま、それが普通。
あまりにも便利な日常に慣れてしまった現代人が悪い。

結果は?
トリントンで格闘に乗って、でもって建物の外が戦場になって、、、、、すまない
ま、BC。で、2敗。

ついで、いつものポップン。

なんと、100円で3曲!!
さすが都会は物価が高い。

って、上野は4曲だったのに。
大人には、あまり関係ないが、、、

ポップンの隣には太鼓の達人。
中高生がぎっしり。
ポップンの反対側の隣にはユービート。
大学生が行列。

若者の間に挟まれて、大人がポップン。
ポップンは空いています。


幸福さんいわく「ポップンは老若男女が楽しめる名作」と。
(↑難しい漢字だけど、読める?
誰かが「だんじょ」と読んだりして。)

確かに、老若男女が楽しめる。
その理由は、星の数ほどある曲目数。
現在バージョン16。
バージョン1の時点では物足りない感じだったが、さすがにここまでくると一大財産。
だって、CDが出ちゃうほどだからね。
で、誰にでも、ちょうどいい曲が必ずある。
それが人気の理由。
さらに、飽きてきたら、次から次へと新曲をさがせばいい。
それも人気の秘訣。

大人プレイヤーの僕にでも、サルサ、ジャズ、スカ、なんていうジャンルは心をくすぐる。
もちろん、タッチ、ゲットワイルドの「懐かしさ」も心を打つが、レベルが低い(9と14)ので、そろそろ飽きた(^^)

今のお気に入りは
スカロック、Lv17
にゃんこジャズ、Lv17

いいんだ、これが。CDを買いたいくらい。

マイアミサルサ、Lv11
も簡単だけど、のりのいい歌で、心が躍る。
実は、サルサ教室に通ったこともあるので。すぐに飽きたけど。


というわけで、本気で、
高齢者(60~70)を対象にボケ防止ポップン
を考えてみたい。

演歌でいいじゃん。
軍歌でいいじゃん。
ひばりなんか、もっといいじゃん。
[PR]

by akogarehotel | 2009-01-09 17:37 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)  

Commented by デューク at 2009-01-09 20:11 x
サルサは私もはまりかけてはまりませんでしたぁ
Commented by akogarehotel at 2009-01-10 23:45
デュークさんは反応が早いなぁ。

僕は、映画の「サルサ」にどっぷりはまったけど、実際のサルサは勝手が違った。
音感を持って生まれなかったみたい。
子供の聴く曲にも「猿さサルサ」という曲がある。当時、はまった人が作ったんだろうね。
名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記、128 ゲーセン日記、126 >>