育児日記になりつつある日記

3月1日(日)。

子供(3才)と二人でスキー場へ。

セントレジャー舞子スキー場。
昔は、舞子後楽園とか舞子国際とかいってた場所。経営が移ったのでしょう。

一言で言うと、
「子連れにこれほど親切なスキー場は他にない!」

他にないかどうかは、他を全部調べたわけではないので無責任発言ですが、
それほど、すばらしい!
私自身は、バブルの時代に「私をスキーに…」を経験しているので、日本中あちこちのスキー場を遊びまわった。だいたい、1年に20日くらいはスキーに行っていた。
 しかし、子供が出来てからはスキー場めぐりは制限されていて、ここ数年は年に1、2回しか行けてない。
 その1,2年の間に不景気な世の中でスキー場があれこれ変化したようであるが、、

舞子って、こんなに至れり尽くせりでいいの?

セントレジャー舞子スキー場は、関越道、塩沢石打インターを降りて2分。
案内板があるので道に迷うはずがない。

越後湯沢インターの次が、塩沢石打インター。塩沢石打といえば上越国際スキー場が最も有名でしょうか。そのほかにも神立(かんだつ)とか石打などたくさん。このあたりはスキー場の激戦地。

そのインターの目の前が舞子スキー場。
前橋インター近くの我が家から、日曜日の午前中に、たったの1時間でスキー場に着いてしまった。
激近。

だけども、近いなんてのはほんのオマケ。
もっと、もっと、、、、舞子はすばらしい。

キッズゲレンデ:
子供用のそり専用のゲレンデ。
「子供用」とことわったのは、舞子には「大人用そりゲレンデ」もあるので。

ここは、外界とは完全に閉ざされている。
ゲレンデへの入り口自体が分かれているので、スキー靴やボードを持った人間は近づくことも出来ない安全地帯。
ゲレンデは非常に適当な大きさの、適当な斜度。
「適当」とは、もちろん最大限のほめ言葉。
さらにすばらしいのは、このゲレンデには「動く歩道」がない。
斜面を歩いて上らなければいけない。
子供は、もちろんグズグズ言うが、そりを楽しむためには「歩け!」
自分の足で山を登れ!といいたい。
(ちょっと押してやっちゃうんだけどね。)

歩いて何度も何度も山を登る。
かなりトレーニングになるね、大人も。

疲れてきたら、、、これが最大の目玉。
ゲレンデの脇に「子連れ専用休憩室」がある。
畳でくつろげる、かなり広めのスペースが自由に使える。
日曜日の昼でも、混雑で困らないくらいに広い。
子供(と親)の休憩にはもちろん、いっしょに連れてこられた赤ちゃんの休憩、昼寝、オムツ替えなどにも使える。
これがあれば、ホテルの部屋を借りる必要もない。
暖房もバッチリで、飲食も可能。
これ以上、何を望めばいいの?

そんな状況なのに、料金は申し訳ないくらいにリーズナブル。
3人で500円!?

3人ごとに、まとめて500円。
1人でも500円、二人でも500円。
4人になると1000円。
つまり、親子二人でたったの500円。

遊んで寝て、遊んで、お弁当を食べて寝て、の繰り返し。
ゲレンデの終了時間までソリと雪だるまと格闘してました。


他には、もちろん、、
託児所や子供用の室内遊び場(テレビではアンパンマンを放映中)、授乳室など。
本当に、困るものはない。
食堂やレストランも数が多く、大人用の甘いものも数多くそろえてある。
クレープ屋にのみ行列があったが、他は待ち時間も少ない。


スキー用のゲレンデには行ってないので、斜面については詳細不明。
新潟のスキー場らしく、ちょっと重い雪のよう。

親子連れは、とにかく行け!


ただし、、、、

帰り道の渋滞は避けられない。
冬の関越の沼田→渋川の渋滞は毎年の名物。
裏道を通ったけど、帰りは2時間かかった。
それでも、2時間か。。。近い。

群馬って、いいね。
[PR]

by akogarehotel | 2009-03-02 23:20 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ゲーセン日記、151 ゲーセン日記、150 >>