3月15日(日)


何もない日。

つまり、非常に忙しい日。

朝から、長男とパン屋へ買い物。

「アンパンがある!」
「メロンパンがある!」
「やきそばパンがある!」

朝一のパン屋は在庫が豊富。
子供の歓喜の声。
しかし、食べたいから喜んでいるのではない点に注意。

100%、アンパンマンの影響。
つまり、言い換えれば…

「あ、アンパンマン(みたい)!」
「あ、メロンパンナ(みたい)!」
「あ、やきそばパンマン(みたい)!」

で、いろいろ買っても、子供が食べたのは焼きそばパンマンだけ。
残り物は…
大人にもなって、メロンパンとかアンパンとかを食べさせられてます。


午前中は、「イオン高崎」へ。
群馬最大”級”のショッピングセンター。
うちの子供の表現では「長い」という。
横に長い、という意味。

おもちゃ売り場には、遊び場が併設されている。
逆だね。
遊び場の横に、おもちゃ売り場を作った。
これで、遊びに来た客がおもちゃを必要以上に買っていく。
おじいちゃん、おばあちゃんといっしょの子供は、必ず何かしらの買い物をさせてもらっている。
日曜は、いつ来ても大混雑。
こんな世の中でも、ギリギリ景気を保っている。

定額給付金なんぞで、このエリアはさらに活発になるんでしょうね。

「クレーンゲームをしたい」と、うちのお子様が言う。
最近、その存在を知って、興味があるらしい。
やや理解ができてきたようなので、このへんで人生の厳しさを味わってもらおう。

わざと失敗して、クレーンゲームというものは確率的にも異常なものである、ということを身にしみてもらおう。
と思い、300円(3回)の投資。

結果は、、、、、
わざと失敗どころか、
本気でやってもカスリもせず。
パチンコと同じで、日曜の設定はあまりにも厳しすぎる。

ピクリとも動かない景品を見て、子供には理解ができたみたいだ。

「クレーンゲームって、むずかしい!」
と言ってくれた、3歳。

300円ですむなんて、安すぎる!

(僕の妹とその子供が、クレーンゲームがうますぎて、一緒に行くと必ず景品を取ってくる。それが一番困るんだけどね。。。。)


午後は下の子(0歳)と留守番。
自分は何もせず、ひたすら子供と向き合う。

保母さんて偉いよね、と思わせられた日曜日。
もちろんゲーセンなし。
[PR]

by akogarehotel | 2009-03-16 15:57 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 3月16日(月) 3月14日(土) >>