ホテル日記 たにがわ温泉 別邸 仙寿庵

友人といっては失礼だけど、それくらい仲のよい先輩が、群馬県で一番よい温泉旅館と言っていたのが、この仙寿庵。
ちなみにその先輩は病院長。つまり、金額は限度なし。

GW中に、せめて1泊くらいは親のために休養しよう、という妻の願いのために、
子連れだけども、この仙寿庵に来た。

なんと、病院長も勧めるこの豪華温泉旅館に、子連れ用のプランがあるんだって。
「天使プラン」というのは、ちょっと縁起の悪いネーミングかと思うが…

内容はすばらしい!

新宿パークタワーが『洋』の「至れり尽くせり」なら、
『和』の「至れり尽くせり」が、この仙寿庵(の子連れプラン)。

何も言わなくても、加湿器、おもちゃ、ベビーバス、ほうじ茶、アンパンマンスリッパ、、
こんなのは当たり前。
オムツ。これは、あること自体が素晴らしいが、なんと、、サイズがあってる。
「10ヶ月の子」と言っておいたけど、そこからオムツのサイズを推定するなんて、、
偉い!

極めつけは、食事。
食事は別室食事処。もちろん個室。
メニューが、、、
ゼロ歳の子にも1人前でてきた。。。
魚、野菜、おかゆ、デザート、
ちゃんと食べられるように調理されてる。
そりゃ、ゼロ歳だって食事が必要だけど、それを大人同様のレベルで用意してくれるとは、、

驚くのは、その次。
食事処に布団がしいてある!

ある意味、エロい?
一応、子供用のドラえもん布団だから、。
子供って、いつでもどこでも眠くなるんですね。
それを想定するとは、、どこまでイタレリーツクセリー?

もちろん、うちの子供は、広い食事処に喜んで、部屋中をハイハイしまくり。
寝るどころではなかったですが。

あえて、まだ続けると、
寝室には、子供用として、大人と同じ布団が1つ用意される。
和室だからこそ、ゼロ歳の子にも大人用の布団が並べられる。
布団を4つも並べて、修学旅行気分のゴロ寝です。


もちろん、大人だけでも文句なしの旅館。
部屋よし、食事よし、温泉よし、庭の散歩よし、スタッフよし。

各部屋に露天風呂があるのは当たり前。
谷川岳も絶景。季節がよければ桜満開。
でも、子供にとっては、お風呂が熱すぎるので、ちょっと困るけど。

室数がたったの18。
宿泊した4月28日は休前日だけど平日。
で、駐車場には、車がたったの6台。
予想よりもすいている。不景気を感じますね。


付近の散策路がすばらしい。
子供が走り回るのには1日では足りない。
今度は、もっとゆっくりしたい。


【ということで、】
徳川家康クラス。
贅沢武将。でも文句なし。雨さえ降らなければ。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-02 13:13 | ホテル日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 4月29日(水) 4月28日(火) >>