GW旅行記 TO 白浜 5月2日~6日 パート1

GW旅行記 to 白浜 5月2日~6日 パート1

5月2日(土) 前橋→神戸
5月3日(日) 神戸→和歌山白浜
5月4日(月)
5月5日(火) 和歌山白浜→神戸
5月6日(水) 神戸→前橋

神戸を経由したいという妻の意見を取り入れたら、、、
移動しない日が、たったの1日。
それ以外は、電車で最低でも200km以上の移動距離。
いったい、JR(JRAではない)にいくら支払うんだ?
(大人二人で合計10万前後。とすると、高速代1000円といわれると、どんなに混雑していても車で行きたくなるのも、うなずける。しかし、ゼロ歳の子供が渋滞の中で泣き出したらどうしようもないし、3歳の子供が「トイレ!」といったら万事休すだし。)

電車好きの私と長男。
電車に乗ることによって疲れることはない。
けど、、、時間ももったいないような…
子供たちは、一足先に神戸に行っているので、スタートが少しラクですが。
ちなみに、白浜には空港がある。
飛行機を利用すれば、もうちょっとラク。


5月2日(土)
あいかわらず適当に仕事。
しかし、あいかわらず、終わるのは2時すぎ。
そのまま新幹線に乗って、神戸へ。
ゲーセンに寄る暇はなし。

満員の新幹線に乗って、夜7時半に神戸に到着。
帰ってきた、という安堵感。
いつのまにか、「地元神戸」なんていう錯覚が、、?
だって、子供とマンツーマンのマッチングよりも、じいちゃんばあちゃんが入って、
4対2
になると、100倍安心するからね。
精神的にもかなり休養可能。
「拠点で回復中」みたいな。


5月3日(日)

白浜へ向かうJRの特急は3種類。
くろしお
スーパーくろしお
オーシャンアロー
路線は同じだけど、車両が豪華になる。

金額は同じなので、もちろん、オーシャンアローに乗りたかったが、
GW初日の国民大移動日は、当然満員。
発売初日に行ったのに、買えたのは「くろしお」だけ。
しかも、2人ずつの別席。
さらに、朝9時に新大阪発。
眠たそうな子供を6時半に叩き起こし、
着替え、歯ブラシ、朝食に、四苦八苦して家を7時45分に出発。

新大阪駅は朝からごったがえし。
当たり前。
待合スペースは風邪ひきさんなどでザワザワ(いわゆるアカギ状態)。
ちょっと早めにホームに降りて待っていたら…

はるか!
サンダーバード!
雷鳥(古いL特急の車両)!

子供は大喜び。すでに新大阪で興奮。
さらに、   飛行機!

新大阪駅11番ホームのすぐ上を何本も飛行機が行き交う。
伊丹空港が近い?
(イチローが)石を投げれば届きそうな高さを飛行機が飛んでいく。
予想外のイベント。

「くろしお」は予想通りに、古い車両。
私は路線オタクだけど、車両オタクではないから、何系とかは分からない。
さっきの雷鳥と同じ「古いL特急」の車両。
つまり、25年以上前の車両ということになる。。。

車体には、南紀白浜のイメージカラーのマリンブルーの塗装。
そして、
  パンダのラッピング(絵)

座席にもパンダの絵。
こんな単純なことで子供は喜ぶんだよね。
パンダならパテント料もないし、対費用効果抜群。

新大阪から白浜までは、2時間半。
途中、G1開催中の岸和田競輪場付近を通過。
さらに、月野さんの和歌山も素通り。
うーーん、遊びたい、と思いつつも、我慢ガマン。

正午、ほぼ満員状態のまま、電車は終点白浜に到着。
本当に、いったい全体、どんだけの観光客が、ここ白浜にやってくるのか。
白浜って、そんな観光拠点なの?

日本中、あちこちの観光地を経験している私でも、和歌山県に入ったのは初めて。
もちろん、白浜も初めて。
南紀白浜といえば、、、

30年前に流行った「日本特急旅行ゲーム」というもので、
罰ゲームに使われたことで有名な場所。
敵を日本中のどこでもいいから好きな場所に飛ばしてよい、という項目があり、
そうすると、必ず、北海道でも沖縄でもなく、
白浜(正確には新宮)に飛ばす。
それくらいに、中学生の私ですら、「不便な場所」というイメージが定着していた。

でも、特急で2時間半なら遠くはないよね。

(ビューティフル白浜と、スーパーハード連休についてはパート2へつづく)
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-08 12:45 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< GW旅行記 to 白浜 5月2... 5月1日(金) >>