GW旅行記 to 白浜 5月2日~6日 パート4


温泉旅館のホテル日記なのに、大浴場について何も書いてない??
だって、大浴場に行ってないし。。。
2泊もしたのに、風呂は子供といっしょに部屋風呂のみ。
子供が寝た後に行けばいいんだけど、
子供が寝た瞬間にというか、どっちが早く寝てしまうか競争してるようなもの。
それくらい、ハードな日常だった。

というわけでハード2日目。

白浜はアドベンチャーワールドと温泉の他に、もうひとつ目玉がある。
というか、こっちが本線、本当の本線。
名前のとおり、「白い砂浜」
これが白浜最大の売り。

2日目(5月4日)は、天気が微妙(晴れのち曇りのち雨の予報)だったけど、
目的地は、海!

まずは、海中展望塔。
海底深くまで潜った人口の塔。中から海底の様子が見える。
という、絶対に行ってみたい場所。
かなり期待して行ったが、、、、

んんんんー、慕情。哀愁。カサブランカ。
おそらく40年位前(推定)、これができたときは、日本中の人が集まるくらいに話題になったんだろうね。
新婚旅行で必ず行く場所とか、で。
でも、それは40年前(推定)の話。
現在は、その40年前(推定)のまま、今もその場所にある。
古賀の井が古い、とかいうレベルではなく、、たぶん放射能を調べて年代がわかるくらいに古い。

塔の内側に直径30cmくらいの丸い窓が10個くらいあって、そこから外を眺められる。
外は、もちろん海底。
餌を置いてあるので、かなり大量の魚が泳いでいる。大漁。
1m弱くらいの大きな魚もいる。
それなりに感動。
でも、平成の技術を使えば、30cmの小窓ではなく、全面ガラス張りくらいにできるはず。
そんなのを期待していただけに、ちょっと肩透かし。
ま、最近、大型水槽の水族館ばかり行っているので、感覚が麻痺しちゃったのでしょう。
入場料300円分の価値は、十分にあります。

展望塔のあとは、子供いわく「砂場へ行きたい」。
というので、白浜の中の白浜、「白良浜(しららはま)」へ。
30分200円という新宿駅前並みの駐車場に車を停めて、その砂浜に立ってびっくり!

ここは日本か?

名前のとおりに、真っ白な砂浜が、長く長くつづいている。
九十九里ほど長くはないが、最近の造成地的な砂浜とは比べ物にならない。
もっと驚いたのは、海の色。
マリンブルーとは、こんな色のことだね。
日本で、こんなにきれいな海水があるの?
僕の浅はかな海水浴経験では、新潟の日本海が「きれいな海」なんだけど、そんなもの比較にならない。
沖縄本島や石垣島と十分に肩を張り合える。
そんなハイレベルな海と砂浜。

駐車場が高いのもうなずける。
わけないっ。

そして昨日(5月3日)、すでに海開き。
早速、今日から泳いでる人もいる。
天気がいいので、不可能ではないが、ちょっと寒いけど。。。
でも、子供は本能で遊ぶ。

最初は「砂遊び」のはずが、、
裸足で波に近づき、、
ズボンが濡れたからズボンをぬぎ、
いつのまにか水際ギリギリ限界に挑戦し、
いつのまにか全身に波を浴びて、

びしょびしょ。。。。
天気がいいので、それも苦にならず、
親子して5月とは思えないくらいに日焼けして、
十分に海水浴を楽しんだ。
(泳いではないけど)

今度はぜひ、夏休みに泳ぎに来たい。
しかし、「連休以上に混雑」と聞いて、ちょっと躊躇。


午後は曇ってきたので、近くのエネルギー館へ。
ちょっとハズレっぽいかな。
適当な時間で宿に帰って、一日が終了。

楽しく疲れました。
当然、あっという間に熟睡して、大浴場なんて行けない。
というか、

ここ10年で数回しかない「信長の寝オチ」をやってしまった。
一般マップ(中国)とはいえ、すまない!
まさに携帯を握ったまま寝てた。
2時頃に起きて、進軍画面のまま停止していたときの、むなしさといったら…
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-09 13:48 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< GW旅行記 to 白浜 5月2... 5月7日(木) >>