5月14日(木) インフルエンザワクチンのはなし


今日は、医師会から命令された仕事。「3歳児検診」

私の専門はおじいちゃんおばあちゃん。
はっきりいって、子供のことなんかわからない。
というか、怖くて診察したくない。
もちろん自分の子供も診察しない。信頼できる同業者に任せている。

でも、医師会からの命令。
「○月○日、何時何分に来なさい。3歳児検診を担当しなさい。」
ありがたや、お上のお言葉に逆らうわけにはいきません。

おかげで昼休みがなくなり、
いつもどおりに運転中にパンを食べながら、検診会場へ。

会場にはすでに、3歳1ヶ月の子供がうじゃうじゃいる。

じーーーーーーっと見回す。
うちの子供(3歳10ヶ月)よりも利発そうな子供がいるかどうか。

たぶん、いない。

検診中も以下同文。
じーーーと眺めて診察する。
うちの子供よりもデキがいいかどうか。

ま、そんなわけで、親ばか状態のまま検診終了。
子供の相手をするのは悪くはないね。
健康診断は、健康な子供が対象。「診察」とちがって、病人じゃないから、雰囲気が明るいし。


そんなほのぼの健康診断は、予定よりも30分も早く終わった。
そしたら、もちろん、、、
マトリクスタイム。
健康診断が必要なのはどっちだ?!

まずポップン。
少しずつ勘が戻ってきた。
でもLv27三毛猫ロックをクリアできずに、ちょっとブルー。

ドラムの練習も忘れずに1クレだけ。

ペダルの踏み方が安定してきた。
つま先で足を壁側に固定して、かかとで踏む。
これで、安定してリズムを踏める、が、、、、

かかと踏みでは、早踏みができない。
「DIAMONDS」のような早踏みのある曲には、「かかと踏み」では追いつけない。
早踏みのためには「つまさき踏み」も必要。
そう、まさに、「フワジャン」

やぁだぁ、僕、フワジャン、嫌いぃ。



あいかわらずニュース解説。
というか、身の回りにあった気になるニュース。

現在、タミフル、リレンザ、感染防護服、感染マスクN95、インフルエンザ迅速キットなどは、完全に規制が入り、ほぼ入手困難。
医療担当のわれわれでも入手不可能。
そこまでは、もちろん想定内なわけだが、、、

本日、想定外にも、

インフルエンザワクチン(予防接種)が入手困難!

去年の年末にみんなで注射した「普通の」インフルエンザの予防接種を注文したのに、品薄とのこと。
あくまでも、豚インフルエンザ用ワクチンではなく、去年に流行したヒトインフルエンザ用のワクチンが入手困難。
これまでのニュースでは、
『ヒトインフルエンザワクチンは豚インフルエンザに無効』
と、でかでかと報道されている。

個人的に、それはとても信じにくいので、一応、予防注射をしておこうと思って、注文したのだが、、

どうやら、各自治体が備蓄するために注文殺到との様子。

なんなんでしょ、この国の報道体制は。
一般国民には『効果なし』とだましておいて、
そのすきに買いだめしておこうなんて、、、、。

これまでの雰囲気から、十分想定内のことなので、驚かないけどね。

ちなみにワクチンは1本2000円。去年製造されたワクチンの使用期限は今年の10月。
それまでに使用しなければ完全に無駄金。
自治体の備蓄といえば、1000本単位、あるいはそれ以上。
200万、300万という金額を無駄金覚悟で使用するか?

『効果がある』という確信がないと、持ち出せる金額ではない。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-15 18:43 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 5月15日(金)、16日(土)... 5月13日(水) 消える給付金申請書 >>