5月21日(木) 新型インフルエンザ日記


八王子の女子高生が感染したことについて

八王子はエロいな、とかは置いておいて、
八王子は偉い!(その理由は後記)

5月11日から18日までニューヤークに滞在だってさ。
こんな時期にアメリカ行くとはねぇ、国連なんちゃららしいけど、
世界平和を勉強したつもりだろうが、日本に多大な損害を与える結果になる。
そんなとこに学生をつれてっちゃう高校も、どうにかなんない?
進学校でもないのに、、、、高校名をもっと公表してもいいと思うけど、ま、遠慮しておこう。

成田の検疫は、「すり抜けて当たり前」
何度も言うように、キットでは、発症後12時間以内はウイルス検出不可能。
12時間経過しても、検査技量によって検出不可能なことが非常によくある。
アメリカ帰りの39度熱発を、そのまま放流することが、常識不足。
(これはほとんど全ての医者が賛同するはずなのに、ほとんとテレビで伝えられてない。)

再検査した八王子の医者が偉い!
40度になったのでさすがに発熱外来を受診。
発熱外来を受けたおかげで、再検査、そして遺伝子検査になった。
これは、プチ幸運。
もしも、近くの開業医を受診していたら…
成田でウイルス検査をしているなら、もういいや。適当に薬を出すから家で寝ていなさい。
ってことになってたかもね。

だからといって、蔓延を防げたわけではない。
厚生省は、この女子高生の帰り道を公表しない。
あやしい遊び場を経由したから?ではなくて、もちろん、
   パニックになるから

「マスクをして帰宅したので他人にうつす可能性はない」から公表しないんだって。
この言葉を信じる医者はいない。
医者じゃなくても信じる人は少ないはず。

リムジンバスらしいね。
その後は?
少しくらい電車に乗った?
その後は?
駅近くをゴホゴホ言いながら歩いたはず。

せめて公表すれば、
思い当たる人たちがちゃんと受診したり、隔離されたり対応できるはず。
公表しないおかげで、
残念ながらバスに同乗した人たちが感染して、、
近くの診療所を受診して、、
「季節型インフルエンザ」と診断されて、、、

その前に、ゴキブリ論。
1匹見つけたら、100匹いると思え。
検疫をすり抜けたのは、これが初めて?
100匹はいないだろうけど、
3匹くらいはいるんじゃない?
(前橋にでさえ、韓国帰りの発熱者が放流されてるんだからね。)

要するに、都内で流行っている「季節型インフルエンザ」はすべて新型と思っても、あながち間違いではない。
だって、季節型が5月に流行するなんて、今まで考えられなかったことだから。

「最近、会社で熱出して休む人が数人いる」こんなのは、限りなくあやしい。


「新型インフルエンザが発症してない」
のではなくて、
「新型インフルエンザの検査をしていない」だけなんですよ。


弱毒だから流行ってもいい?
「季節型インフルエンザと同じと思っていてはいけない。」僕が言ってるんじゃない。WHOの偉い教授が言ってます。

おまけ:
神戸でPCR(遺伝子検査)を中止するようになったのは、
、、、
、、、、、死者を隠すためです


確かに、遺伝子検査は、お金もかかるけど(1例につき必要経費最低2000円)、。

インフルエンザが日本で多く「発症」する理由、というニュース。
このとおり!
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-21 12:52 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 5月22日(金)  5月19日(火)、20日(水)... >>