5月24日(日) 新型インフルエンザ日記

ヤフーのトップ記事
『神戸での新型インフルエンザ終息へ。診断確定数が減少。』

遺伝子検査を行わないのだから確定数が減って当たり前でしょ!
こんな記事をのせるヤフーも、「政府」からの指示なのか。。
こんな記事に国民がだまされていると思うと、この国を憂う。

もちろん、希望的観測を含めて、もしかして減ってる?なんて期待してしまうが、、、

こんな記事も、、、
『関西大倉高校の学校閉鎖延期。患者が減らないため。』

残念だけど、希望的観測みたい。。。。


感染症学会の話。もう少し。

数10年に一度、何かしらのウイルスのパンデミックが生じる。
数年の間に全世界に広がり、世界人口のほとんどすべてが感染する。
そして、いつのまにか(免疫を持つようになり)、「普通の風邪」と認識されるようになる。
今回の新型インフルエンザも数年後には「いつものインフルエンザ」となる。

誰しも、一度は感染しないといけないみたいですね。
これが自然の摂理?


インシャラー
「すでては神の思し召」という意味。イスラム教の代表文句。
イスラム教の地域に住む人たちは、厳しい自然と激烈な内戦のため、いつ死ぬかも分からない生活をしている。
そんな中で生まれた宗教「イスラム教」では、
いつ死ぬかなんてわからないよ、それは神が決めること、それで仕方ないよ
と説いている。それが「インシャッラー」。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-24 05:53 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 5月25日(月) 新型インフル... 5月23日(土) 新型インフル... >>