5月26日(火) 27日(水) 日常日記


月末。
銀行へ行っていろいろと手続きをしないといけない。
銀行が混雑するのは分かっているので、僕自身が銀行に行くのは毎月ではなく、1年に数回。なるべく手間を省くようにしている。

その、年に数回の手間が今回。
で、昨日、銀行に行った。

月曜日の25日に。
そんな日に銀行に行っちゃいけないことくらい知っているが、
銀行に着くまで日付と曜日を全く考えてなかった。

県内の筆頭銀行の、しかも本店の自動ドアを開けたとたん、、、
日付と曜日に気がついた。

競輪場よりも人が多い。
ここはウインズか?!ってくらい人混が。。。

「20分待ち」(要件を聞くまで)の掲示を見て、もちろん撤退した。

そして、今日(火曜日)、あらためて再出撃。
朝の10時。本店ではなく支店へ。

待ち人数3人。よしっ!

と思ったが…




一向に、名前を呼ばれない。。。

ただお金をおろすだけなのに。。。

銀行を出た、というより、解放されたのは11時。。

なんと50分待ち。
富士丸でもないのに、こんなに待てるか!

待ってしまった自分を後悔。
人生を反省。

銀行が待たせるのは当たり前。
今さら文句を言っても仕方ない。
だから、

なるべく利用しないようにしなきゃっ。

ということは分かっているんだけど、
今回はヘマをやっちゃった。

『ご利用は控えめに』
ってテレビでも言ってるのに。

一方、「信用金庫」ってのはありがたい。
外回りの職員が適度に用事をこなしてくれる。


ところで、
信じられないかもしれないが、

今月は赤字だ。

信じられないかもしれないが、十分ありえること。
原因はもちろん豚インフルエンザ。

一人診察するのに、最低でも20分かかる。
そして、数々の感染防止のための備品を費やし、
さらに、そのための施設改善も行う。
どうみても、成り立たない。

しかし、冬に向けて、
感染者とそれ以外を分離するために、トイレをもう一つ作らないといけない。

出費がかさむねぇ。

という、ごく当たり前のことだけど、
多分、数多くの医療機関が困っていると思う。

その辺を誰かが助けてあげないと、通常規模の診療所では「診療拒否」が横行するのでは?
もちろん、
感染者を分離できないところでは、むしろ「診療拒否」しろ、と言いたい。


5月27日(水)

インフルエンザの報道を「終息」しろ、という宣言が出たが、、

前橋医師会からのFaxが来た。

『現在の県内のインフルエンザ状況

県全体:小流行

吾妻、富岡、桐生地区:大流行

集団発生:桐生地区、安中地区

(新型かどうかは遺伝子検査を施行していないので不明)』


どう見ても、
どう考えても、
終息してないし、、、。

「37.0度、咳が少し、でもなんだかダルい」
こんなのがインフルエンザだったりするので、、、、
一向に感染防御ができないわけです。
[PR]

by akogarehotel | 2009-05-28 04:10 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 5月28日(木) 復活、ゲーセン日記 5月25日(月) 新型インフル... >>