6月9日(火)

火曜日は育児の日。

幼稚園へ送迎も慣れたもの。

帰り道、ちょっと寄り道して、ドラムマニア。


ドラムマニアは、通常4曲設定。
2、3曲目はミスするとゲームオーバー。
しかし、1曲目は、どんなにヘタでも、曲の最後まで演奏できる。

言い換えると、

どんなに恥ずかしくても、途中でやめられない。

なので、混んでいる時間に無理して難曲を練習するのは恥ずかしい。
午前中の、誰もいない時間が、絶好の練習時間。
今こそ、絶好。

まずは、

難度33 三毛猫ロック

あっさりゲージ飛び。
でも、お約束により最後まで演奏させられた…

たたきどころが全然わかならい。
まさに「見えない」状態。
よかった、誰にも見られなくて。
恥ずかしい。

2クレジットめ。

今度は、同じく難度33の、

バリバリブギHYPER

ポップンでいうところの、ツッパリHYPER(Lv23)

ポップンでも何度も何度も苦労して、やっとお得意曲になったけど、、
逆にいえば、何度も聴いている曲。

で、ドラムHYPERは、、

あれ、あれ、あれ、ギリギリ、ギリギリ

なんと、駆け込みセーフ!
クリアしちゃった。

「まぐれ」という言葉を辞書で引くと、こんな感じ?
という感じ。

そのあとは、
昼から夕方は育児。
夕方から夜も育児。

いいんだろうか、こんなに仕事をしないで。
と心配になる。
ま、妻が午前中は仕事に言っているので。。
って、ヒモみたい。

夕方、子供を連れてふたたび大利根緑地へ。
自転車にも乗ったけど、砂場でも遊んだ。

砂場にて。
20後半(推定)の夫婦と、1歳、3歳(推定)の兄弟といっしょに遊んだ。

いっしょとはいっても、もちろん初対面。
単に、子供同士が
「いっしょに遊ぼう」と声掛け合って、融合したもの。
子供は偉いね。

もちろん、親同士は初対面では融合しない。
子供が一緒に遊んでいるのを、お互いに離れた距離で眺めている。

ところが…

その20代夫婦は、自分達だけで、子供とは離れたところに砂山を作っている。
大人が作る砂山だから、かなり立派で、
さらに、山の周囲には、砂を掘り起こしたので大きな溝ができあがっている。
まるで要塞のよう。

その夫婦の会話。
「難攻不落の沼田城ができたぞ」

それを子供が壊そうとすると、
「うわ、上杉謙信が攻めてきた。でも落城しないぞ。」
「武田信玄にも負けないぞ。」

子供が、さらにがんばって壊そうとすると、
「悪党織田軍が攻めてきた。」


僕の言葉ではなく、その夫婦の言葉です。
外見は、「ヤンキー」っぽいんだけど、
「やくざ風のアロハシャツ」なんだけど、
子供は、ツナギを着てるんだけど、、。

人は見かけによらないですね。

僕からは話しかけるチャンスがなかったので確認はできなかったが、、、


もしかして、信長プレイヤー?

「沼田城」というのが渋い。
[PR]

by akogarehotel | 2009-06-10 14:40 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 6月10日(水) 6月8日(月) >>