7月14日(火)


今日は介護専門学校の講義。

現在、神戸のおばあちゃんが来て、僕の車を使っている。なので、僕は自転車通勤。
しかし、介護専門学校は遠い。同じ前橋市内なのに、自宅から約10Kmの距離にある。
自転車で行けないことはないが、この日差しの中では、間違いなくひからびる。
間違いなく、授業どころではない。
たどり着いたとしても、帰ってこれない。

なので、父親に車を借りた。
 プリウス
今や半年の納車待ちが当然という、エコカー。

すごいね、これ。
おもちゃみたい。
常識を超えている。
車をスタートさせるときに、キーを回してブルルン、というのがない。
単に、スタートボタンを押すだけ。
パソコンみたい。
もちろんスイッチを押してもエンジンがかかるわけではなく、しーーーんとしている。
でも、その状態でアクセルを踏めば、走り出す。
おもちゃの自動車だ。おもちゃの電気自動車。

というか、アナログな私は「キーレスエントリー」に驚いた。
なにも、プリウスだけではないと思うが、キーをポケットに入れたままで、
ドアは開くし、エンジンはかかるし、車を停めればドアはロックされる。

すげっ、らく。
いつのまにか、文明って進歩してたのね。

私の父は、職業・年代に見合って外車好き。
ワーゲン→ボルボ→BM
と地味な外車を廃車まで乗って、BMの次にプリウス。
廃車まで、というよりは、故障まで、というのが正解。
BMはなぜかドアが開かなくなり、ボルボはブレーキが利かなくなった。
いい加減に、外車の欠点に気づいたらしい。

私?
私も外車好き。

私は、モロッコが好き。(別記、モロッコ旅行記のとおり。)
モロッコで走っている外車が好き。
モロッコの市内を走るタクシーの99%(あこがれ調べ)が、フィアット。
フィアットのプント。
(小型車。日本では「5ドア」と分類される?ミニクーパーよりちょっと大きい。マーチと同じ形で同じくらいの大きさ。)

ところが、フィアットがモデルチェンジして、丸みのあるボディーになってしまった。
仕方ないので、それに似ている、プジョーに。
本当は、モロッコ市内の過半数を占める、90年製のフィアット、プント、白、マニュアル、エアコンなし、カセットのみ、窓手動、重ステ、に乗りたいんだけど、、、
(モロッコには、ワイパー手動、とか、ワイパーなし、なんてバージョンもある。)

「そんなことしたら、1週間に何日か仕事を休むことになるよ」と妻。
そのとおり!異論なし。


で、おもちゃ自動車に乗って専門学校へ。
道中、前にもプリウス、後にもプリウス、なんていう偶然。
人気がある証拠です。

介護学校は、夏休みモード全開。
みんなウキウキしている。ワクテカ?若いって、うらやましい。
僕の授業も、前期は今日で終わり。
なので、今日は小テスト。
学生に問題を解かせ、授業時間の最後に採点。

ラクだね、こりゃ。
息抜き、というか、手抜き。
(いえいえ、そんなことはありません。)

例題:バッファリンは(        )の治療薬として、発作を予防するために使用される。また、脳梗塞の治療にも使われる。

(    )の中は?


正解は狭心症だが、、、、
文章のつながりを考えれば、少なくとも「脳梗塞」という答えはありえないだろう?

ところが、「脳梗塞」と解答する生徒がいる。
彼が言うには、
「この学校の先生は、頭が悪いから、こういう問題を出すこともあるんですよ」

この世を憂う!


たった50分の昼休みに無理して、プリウスでゲーセン往復。
貴重な1プレイは絆。

しかし、2戦ともタンク。
ぶーーーー。
[PR]

by akogarehotel | 2009-07-16 19:14 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 7月15日(水) 7月13日(月) >>