7月20日(月祝)

7月20日(月祝)

気持ちいいホテルで、気持ちいい朝ごはんを食べて、
気持ちよくチェックアウトして、海水浴に出発!

鯨波海水浴場。

僕自身が小学校の頃も、毎年泳ぎに来ていた。
柏崎市にいくつもある海水浴場の中でも、岩場がきれいで、ウニやサザエを取ることができた。
しかし、そんな綺麗な岩場が、近年、ヨットハーバーになってしまった。
誰だ!政治家、出て来い!

さらに、中越地震。
いつも宿泊していた「蒼海ホテル」が倒壊、倒産した。

とはいえ長い砂浜は健在で、今でも、それなりの集客力のある海水浴場。

連休でもあり、朝9時にはそれなりの人出。それ以上に熱心な、海の家の客引き。
夏の風物詩。これを見ると安心する。

昨日の嵐とは一転して、今日は快晴。
お日様が暑く、おかげで砂浜も熱い。
しかし、雨の影響で風が涼しく、
風の影響で波が高い。

波打ち際でさえ、60cm前後の波が来る。
浮き輪でプカプカ浮いている子供の頭を余裕で越す大波が来る。
 ビッグ ウェンズデー

冗談じゃなく、浮き輪の子供は、あっという間に転覆。
海水を頭からかぶり、
「からーーーーい」と。

海水のしょっぱさを初めて体験した4歳児(本日誕生日、海の日)。
「もう帰るー」と。
約250秒にて、海水浴終了。

今日の波なら仕方ないね。
あとは、砂浜でスナ遊び。ひたすらスナ。
これだけでも、子供は十分。何が楽しいのでしょう、砂場って。

一方、下の子(1歳)は、、、
初めて海を見る。しかし、驚く風もなく、波打ち際でお座りしたまま。
砂や海水を、いじって、さわって、好奇心一杯。
ときおり高い波がやってきて、頭から水をかぶるが、、
まだ、恐さ、冷たさ、味覚、が未発達なのか、何もいやがらない。
ほっといたら永遠に波打ち際に座ってる。

楽しいね。


パラソルの下で、遊び、食べ、飲み、、、

お昼頃には、子供が眠くなってきたので終了。
1時30分。子供が疲れる前に海水浴場を出発。
子供にとっては、これくらいの時間が限界。車に乗った瞬間に、二人ともグーグーと熟睡モード。

帰り道。
渋滞を回避するために、赤城インターから一般道へ。
そのままスイスイ帰宅して、所要時間は2時間ちょっと。
経費はもちろん1000円。
前橋って、便利な場所です。


背中が熱い。
3分くらいしか海水に入ってないのに。。。
[PR]

by akogarehotel | 2009-07-23 18:41 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 7月21日(火) メトロポリタン松島(新潟県柏崎市) >>