8月3日(月)

8月3日(月)

眠い。。。そりゃそうだ、さっき(AM3時)寝たばっかりだもん。
というか、さっきまでゲーセンにいたばかりだ。
で、今、仕事。

仕事は、あいかわらず雑用の嵐。
片付けなければいけないことが、メジロマックィーン。。。。失礼。

昼は、もちろんマトリクスへダッシュ。

夏休みなので、ゲーセンが混んでる。
若い人が多い。
ドラム(とギターフリーク)に人だかり。
ポップンも、人の山。
関係ないけど、ビーマニもいっぱい。
絆は、ちょっとだけ。(大人のゲームだからね)

WCCFは、、、、なんとゼロ。

あれ、意外。500円で2クレってのは、大人のゲームかな。

ジャブローにつき、絆カードは持ち歩いていない。
意思表示。

なので、早速、コーヒーブレイク…
ではなくて、WCCFに座って、カード考察。
広ーーいWCCFのスペースに、一人だけ座って、カードを広げる。
広げる、とはいえ、決まってないのはDFだけ。

左から、
●キエッリーニ 
●カンナバロ 
アレックス 
レグロッターリエ

でいいんだけど、●を1枚減らしたい。
カーンをゲットしたときのために、キエッリーニ抜きの布陣を考えたい。

ヨナー・ヘティンガ(?)というような名前のオランダ人選手を引いた。
ディフェンス17だったような、、いいんじゃない。

キエッリーニと交代。
キエッリーニを控えにするという贅沢な布陣。

まず2戦(500円)。
COM戦:2-0、3-1で当然連勝。

●ビセンテ・ロドリゲスの左サイドアタックができるようになってきた。
キープレイヤーに設定して、左サイド突破にして、あとはカードを思い切り前へ出す。
ほぼ必ず、左サイドまで行って、センタリングをあげてくれる。

あとは、シュートボタンの腕の見せ所。

もちろん、まだまだ下手。
ジャスト!なタイミングなら、ペルシー君が、ヘッディングまたは、ボレーでダイレクトに決めてくれる。
しかし、ちょっとでも遅いと、トラップしちゃって、ディフェンダーにクリアされてしまう。

それでも、うちのフォワードは優等生ばかり揃ってるので、監督の腕前を十分にカバーしてくれる。
ありがたい。

対戦相手の目が左サイドへ移ってきたら、今度はパクチソンの出番。
キープレイヤーに指定して、右サイド突破。

攻め方が、
左、右、中央(ダゴベルト、またはファンペルシー)の3通り。
なかなか、いいんじゃない。

で、攻守が変わるたびに、キープレイヤーをカチカチ変更。
カンナバロ→ビセンテ→パク→カンナバロ→ビセンテ→カンナバロ→ダゴベルト→

キープレイヤーを変更するたびに、左のボタン(指示を出すボタン)ももちろん変更する。

すると、「監督が、細かく指示を出しています」と実況で言われた。
よくもまぁ、そこまで見てるね。

1つ問題は、キープレイヤーをころころ変えていると、選手の疲労が早い。
「ころころ変える」のが悪いのではなく、「KP戦術の対象選手」が疲労するのだと思うが…
ビセンテの「左サイド突破」を指示することが多くなったら、FWファンペルシーの疲労が早くなった。後半までもたない…
こら、走れ!

いつもなら、500円(2戦)で終わりにするところを、
ポップンとドラムが占領されているので、さらに2戦。
今度は対人2戦。

1-1 引き分け
2-1 勝利

対人4連勝。うへへへへ。
『選手たちのおかげです』

試合後に選手がロッカールームで喜んでる姿を見ると、心がなごむねぇ。
[PR]

by akogarehotel | 2009-08-05 18:50 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 8月4日(火) 8月2日(日) >>