8月25日(火)

8月25日(火)

火曜日。子供と遊ぶ日。

まずは、朝の日課の散歩。
今日はゴミの日ではないので、近くの神社まで散歩。

1歳児にうるさいくらいに教え込んだので、やっと、芸を覚えた。
…手をパンパンとたたいて、
そして、おじぎをする。

芸が増えると、バカ親は喜ぶ。。


今日は、おばあちゃんが1歳児をみてくれるので、僕は長男とおでかけ。
いつもどおりのお出かけ。

子「イオンに行きたい」と。

近くにある巨大ショッピングモールのこと。
おもちゃ売り場が、子供にとってはパラダイス。
でもねぇ、、、
何か買ってきたら、「また、そんなの買ってっ」って、おかあさんに怒られちゃう。

でも、インフルエンザを考えると…

今後、さらにインフルエンザが燃え広がるのは明白。
それなら、今のうちに。
一般的には平日である日の、しかも午前中なら、すいているはず。
インフルエンザウイルス君も、そんなに遊びに来ていないはず。

ということで、子供の希望どおりにイオンへ。

適当に遊んで、11時にイオン内でマックを食べながら、だましだまし、次の目的地へ誘う。


渋川スカイランドパーク

「日本の真ん中」と勝手に言い張る渋川市にある、普通の遊園地。
しかし、前橋高崎には本格的な遊園地がないので、シーズン中は大混雑する。
5月の連休に来たときは、駐車場が満車だった。

しかし、今日は夏休みとはいえ平日。
世の中の美容院以外は、お仕事中。
なので、すいている。
当然、パスポートを購入。

大人1700円、子供1200円。

どう考えても値段設定が逆のような気がするけどね。
大人は遊具に乗りたいわけじゃないからね。

ま、いずれにしろ、都心の遊園地に比べれば安い。

イオンからの移動中に昼寝をすませた長男は、元気100倍!
放たれた犬のように、あちこちへ走り回る。

自転車モノレール
変り種自転車
豆汽車
観覧車、、、

しかし、臆病なので、
「ゴーカートは音が恐い」
「ジェットコースターも恐い」

ところが、「日本最大の滑り台」と誇大広告されている滑り台には挑戦。
空気のクッションでできた、高さ5mくらいの滑り台。

どこの遊園地にもある空気のクッションの遊具が、そのまま巨大な滑り台になったもの。
空気クッションの階段を這い上がり、一気に滑り降りる。
火事のときに非常用のシューターから滑り降りるようなものでしょうか。(火事に遭遇したことがないからわからない。)

親子で挑戦。二人で上まで登ってみた。

…恐い
上から見ると、大人ながらに、結構恐い。

ところが子供は、「先、いくよ」と。
すーーーーー、といってしまう。

では、僕。
ひゅーーーーー、。
体重のせいだろうか、ものすごく早い。
すべるというより、落ちる感じ。
でもって、止まらない。
滑り降りて、反対側の壁に激突。(もちろん想定内)

楽しいね、これ。

ただ、恥ずかしいので何回もするわけにはいかないのが、残念!


噴水では子供たちが水遊びをしている。
水着の子もいる。
しかし、、、、

実は、渋川地域では今年の夏に、O-157が20例以上発生している。
患者の、ほぼ全員が小学生以下の子供だ。
渋川での水遊びは危険。
遊びたがっている長男をジュースでごまかす。
(もっと情報を公開すべきだよね、本当は。今、遊んでいる子たちも、ちょっとかわいそう。)


空気クッションの滑り台のほかに、空気クッションそのものの遊び空間もある。

家全体が空気クッションで、内部には障害物が多数あり、その間を走ったり、すべったり、ぶつかったり、転がったり、、、。
通常は、10分200円で入れ替え制だが、この日は、無制限。

無制限?!

相変わらず、ストップボタンが作動しない。
眠そうなのに、走り回り、、
食事も無視して、ぶつかりまくり、、

やっとのことで、強制的に終了。
お昼も食べずに、パスポートを遊びつくした。


夕方に、やっと帰宅。

「火曜日の日課」である「TSUTAYAで、トミカのDVD」を借りて、一日が終わる。

夜は、親子して爆睡。

しかし、眠りにつく頃に、

子「ぼく、ずーーと夏休みがいいなぁ。せんせい、行きたくない」

…やばい。。。
[PR]

by akogarehotel | 2009-08-27 18:38 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 8月26日(水) 8月24日(月) >>