平成21年11月19日(木)

平成21年11月19日(木)

WCCF日記。
強いのなんのって、オレの白チーム「ホボ・ブラジル」。

昼休みを1時間ゲット。
バッティングセンターへ行きたい気持ちを抑えて、WCCFへ。
だって、強いんだもん。

☆☆☆☆⑪☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆⑩☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆⑨☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆⑦☆☆☆☆☆⑧☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆⑥☆☆☆☆☆
☆②☆☆③☆④☆☆⑤☆
☆☆☆☆☆①☆☆☆☆☆

⑪パト
⑩ファンペルシー
⑨アフェライ
⑧リシャルリソン
⑦ディアッラ
⑥クリス
⑤アレックスシウバ
④ぺぺ
③アダイウトン
②ベレッチ
①バルデス

⑫ダゴベルト
⑬フレッジ
⑭ロドリゴタバタ
⑮ドミンゴス
⑯アレックス


立ち上げて10戦めのチームなのに、「鬼」がいる。

鬼No3:3人。
ディアッラももちろん使えるが、サイドバックのベレッチと、サイドバックにされてしまったアレックスシウバも、どんどん止める。ベレッチのスピードで何度も救われた。

鬼No2:クリス
☆がないのに相変わらず鬼だよ、この人。でも、No2。

鬼No1:バルデス!
サービス?
補正?
違うんですけど、他のキーパーと。

「キーパーボタンが下手だから白ガチで負けた」
と言われる私ですが、そんな下手な私のために、バルデス本人ががんばりすぎ!
ボタンの反応もいいし、クロスはもちろんセーブするし、シュート直前の球も体で止めちゃうし、1対1をファインセーブもするし、、。
この人、白でいいの?

FWにも鬼はいますよ、もちろんパト。
化け物かぁ?
ただ、パトの個人技は素晴らしいが、そこまでつなげるかどうかが鍵。
その役目は、アフェライと、ファンペルシーと、監督。

中央突破と、右サイドの点灯を調節して、アフェライまたはファンペルシーからパスを出し、パトのシュートまで持っていく。
なんたって、アフェライとファンペルシーとは、250試合以上すごした私です。彼らの特徴くらいはつかんだつもり。

でも、試合以外でのファンペルシーとの相性(三択)はダメダメつづきですが、、。
だから、少しも擦らない。


今日も6戦。でもって、6勝!

その極めつけは、エンタープライズカップ。
決勝の相手は、チャールトン他キラ黒5。
準決勝(対人)を4-1で楽勝している。これは強い。
というか、

私との戦力比64:36。
これは、、、強すぎる。

ところが、、、、
パト爆発!

さらには、敵がパトを抑えたところを、まさかのアフェライシュート!

守っては、鬼が大活躍。
クリスとディアッラで中盤は完全制覇。
時折、サイドを突かれて、やばい!、と思ってもアレックスシウバ(左)とベレッチ(右)がクリア。

2-0で勝ち。
前のカード(100試合)で無冠だったのに、新チームでいきなり10戦目で初タイトル。
でへへへっへへ。。。

アフェライとファンペルシーを操る監督の腕前、ってことにしておいてくれろ。
(パトとクリスのため、とは言うな。)


ついでにカードも引きがいい。

ディアッラ(フランス人):コシュに高く売りつけよう

メッシ(アルゼンチン):Fw18、Tec19、Sp20、94。これはズルイだろ?キラより強いんじゃない。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-20 10:10 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成21年11月20日(金) 11月18日(水) >>