平成21年11月24日(火)

平成21年11月24日(火)

インフルエンザ日記、5日目

火曜日は本業がお休み。
でも、もちろん、休日という意味ではない。
自宅には、子供が二人待機している。インフルエンザ明けで、まだシャバに出ることを許されていない子供が二人。

長男は、完璧に回復。
以前、喘息といわれたことがあり(私ではなく、他の医者から)、少し心配だったが、タミフル速攻が非常に効果的であった一例である。
しかし、規定の5日間まであと1日。幼稚園に行っていいのは、明日からだ。

1歳児は、やっと回復。
昨日の時点で、もう治ったのかなぁ、と思うほど元気だったが、今日はさらに違う。
今日が100%なら、昨日は80%の仕上がり。
ダッシュ力が違う。スピードが違う。反応が違う。
昨日は黄色い顔。今日は赤い顔。
で、もちろん規定の5日間まで、あと1日。今日も外出禁止。

ということで、
機動力の高い2人の子供と、僕一人。火曜日は、妻は仕事。
2対1のマッチング。

当然、「休日」どころではなく、大奮闘の日。
家中を追い掛け回し、家中を片付けて、ごはんを食べさせ、昼寝させ…

でも、いつもの日常に近づいた。
よかった、よかった。


新型インフルエンザには、人類全員が感染しないといけない。
この星に生まれた人の全員が、死ぬまでに1回は感染しないといけない。ウイルスとはそういうもの。
一度感染すれば、体内に抗体ができる。抗体ができればもう感染しにくくなる。感染して、抗体を作っておかないと、流行が起きるたびに、マスクをして自宅に引きこもらないといけない。常識的な社会生活をしていれば、それは不可能。
もしも今年感染しなくても、来年、あるいは再来年、あるいはその翌年…

どうせ感染するならば、早いほうがいい。
今のうちなら、ほとんどの場合、タミフルが効果的だから。
来年になると、もしかするとタミフル耐性ウイルスが爆発するかもしれない。

なので、今回のことは、本心からうれしい。大変なことが1つ、通り過ぎたから。しかも、比較的軽く。だから、焼肉でお祝い。

ただし、1歳児は、検査で陰性だったため、ひょっとするとインフルエンザではないかもしれない。99%間違いはないと思うが、近いうちにまた発熱した場合の対処が困る。
またまたタミフルを飲ませてよいものか、、、。


しかし、、、
僕には感染しなかったのだろうか、、、。
子供が発症する前日の夜に、30秒だけ、本当に30秒だけ悪寒がして、37度ちょうどだったが。
単に気温が寒いから、と考えていたが…
新型に対する予防注射を接種したのは、11月19日。それでは、まだ効果は発揮されていないから、、、。
ま、いっか。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-26 18:02 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成21年11月25日(水) 平成21年11月23日(月祝) >>