平成21年11月27日(金)

平成21年11月27日(金)

気分は今日もWCCF。

ちょっとのめりこみすぎ?
まさか、こんなにのめりこむとは。

ゲーム開始前に、
「サッカーをこよなく愛するみなさま、こんばんわ」
と、アナウンスが入るようになった。
これは、全員に共通なのか、それとも、ある程度の「やりこみレベル」を越えた人だけなのか。
僕の場合、サッカーを愛するかどうかは疑問。
WCCFをこよなく愛し、さらにファンペルシーとクリスもこよなく愛する。
でも、アーセナル(ファンペルシーのチーム)とかリヨン(クリスのチーム)とかが、どうなってるかはあまり興味ないかな…
もちろん、アフェライもパトもバルデスもぺぺもディアッラも、こよなく愛してるし、
アレックスシウバもアレックスもドミンゴスもアダイウトンもベレッチもダゴベルトもフレッジもリシャルリソンもロドリゴタバタもクレーベルも、、、。

愛するメンバーとともに4クレ。
今日は介護審査のために時間がないので4クレしかできない。
4クレでも1000円。6クレでも1000円。うーーー。

昨日に引き続き、アーリー重視。まさに私が「アーリー重視」。

クレーベルがクロスを上げてくれれば、得点率は50%以上。
これって破格の設定じゃないの?
クロスが10回上がれば、5点取れちゃう。本当に。
でも、10回も上がらない。。。

「アーリークロス」に設定すれば、とりあえずKクレーベルにパスが集中する。
DFやMF、そして、キーパーバルデスも相性がいいから。(L、I、K、A)
でも、クレーベルがクロスを上げずにドリブルしてしまう。
左と中央は点灯させっぱなし。

おそらく、パスの受け手の問題。
現実だって、FWがいい位置にいないと、クロスの上げようがないでしょ。
だから、クレーベルもクレーベルなりに考えていると思うんです。

クロスを受けるのは、左利きのIファンペルシー。
しかし、テクニックがあれば右利きでも得点してくれるので、状況次第でKパトとIダゴベルトも目標になれる。
彼らが、DFを振り払わないといけないのだろう。
とすると、ワントップよりは、ツートップなのかな。

最大の問題は、アーリーをつけっぱなしにしてしまうこと。DFがボールを奪ってから点灯させるのでは遅いから。でも、そのために、
我がチームの心臓である「フォアリベロ」を発動できない。
我がチームの頭脳である「ショートパスワーク」を発揮できない。
左手を細かく動かす工夫を開発すればいいのだろうか。

と、まだまだ、あれこれいろいろ考えて、ゲーム開発者の術中にはまるわけだ。


まずは、フレンドリー(COM)を1勝1敗。
アーリー地蔵だと、なんとも弱いなぁ。

次はレギュラーリーグ。
相手はキラF・トーレス他、いろいろ。
トーレス、止まんない…
「クリスにしか止められない」(クリスなら止められる)
やられたい放題で、前半で0-2。

あまりにも相手にサービスしすぎなので、後半は「アーリー無視」
ショートパスワークとフォアリベロの本気モード。
そしたら…
あっという間に、2-2の同点。
でも、ここまで。
最初っからアーリーを無視していれば勝てたかというと、、、それも疑問。

でも、引き分けでもうれしいかな。

次もレギュラーリーグ。
相手は、まぶしいくらいに金色、金色。
ペレ、ロベカル、ロナウド、ロナウジーニョがキラキラキラ。
でも、戦力比43:57
最近は、これくらいの劣勢なら、どうにかなるかな、と思いつつある。

(対人の場合は、アーリーは前半のみ。後半は本気モード。)
前半、ぺぺがロベカルを転ばしてイエロー。ロナウジーニョのFKが弧を描いて直接ゴール。
これは、無理設定。何もできない。
しかし、後半、アフェライ-ファンペルシーで1点。

1-1の引き分け。
後半は、どちらかというと押し気味。勝てそうな試合だったなぁ。
でも、引き分けでも喜ぶべき相手なのでは?
(というか、そろそろ天狗になってきた、オレ?)


今日のアーリークロス。
4試合で2点。
パト1点(対人)、ファンペルシー1点。

昨日のアーリークロス。
5試合で2点。
ファンペルシー2点(対人1、COM1)。


夜、インフルエンザも一段落したかなと思ったら、、、、
1歳児が、40度の発熱!
えーーー、想定外、予想外。ヤブ医者だ。
[PR]

by akogarehotel | 2009-11-28 10:42 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成21年11月28日(土) 平成21年11月26日(木) >>