平成21年12月13日(日)

平成21年12月13日(日)


神戸のおじいちゃんとおばあちゃんは、今回は車でやって来た。
なんと、700kmの距離を、おじいちゃんが一人で運転してきたという。
さすが、元校長先生。偉い。僕には無理。
だって、新幹線っていう便利なものがあるのに…
おじいちゃんは、なぜか新幹線が嫌い。ほとんどの場合、車でやってくる。偉い。

で、今日、帰るという。たったの2泊だ。
せっかくなので、帰り道を少し付き合う。

高崎→上信越道→中央道→名古屋→神戸
という道のり。
高崎から上信越道に入って、3つめのICが、富岡IC。
ICを降りて、10分のところに、群馬サファリ。

ということで、今年何回目かわからないくらいの、群馬サファリへ。

家族6人の大移動。
おじいちゃんとおばあちゃんはパスポートを持っていないので、それぞれ2000円かかる。これも、パスポートマジック。

12月の平均的な気温の日。群馬の山は寒い。
だけど、サファリは、そこそこ混雑。東京から1時間なんだから、近いよ。

いつもどおりに、キリンや熊やライオンをスルーして、ウォーキングサファリへ。

うさぎや、ヤギや、鹿や、ロバと「触れ合える」。
つかみみ合いともいう。
餌の奪い合いとも言う。

草食動物に餌をやり終わったら、次はメイン。
トラに餌をやる。
そして、本当のメインイベント。年賀状用に「トラと記念写真」

ところが、、
そりゃそうだろう、

誰もが同じことを考える。
トラに餌をやりながら家族で記念写真。
トラはたったの1頭。お客はたくさん。

トラは、もうおなかいっぱい。
なんと、肉を差し出しても寄って来ない。
すごいな、ここまで野生を捨てられるのか。
仕方ないので、餌は隣の檻にいるライオンへ。
ライオンは空腹状態。「最近、トラばっかりエサをもらっててズルいぞ」と。

トラさんが記念写真に応じてくれないので、仕方ないから、、、

トラバスの前で家族写真。
子供は、そのほうがうれしいみたいだ。

久しぶりにレッサーパンダも見物。
ここは、入場料100円だが、レッサーパンダを手の届く距離で見ることができる。
とはいえ、ジャイアント馬場なら手が届くが、僕には無理。棒があれば突っつけるけどね。
長男の手も届きっこないけど、、、、おい!思いっきり身を乗り出して、檻の中に落っこちそうになるので危険。

ポップコーンとソフトクリームを食べて、
おじいちゃんとさよならをして帰宅。
みんなして疲れ果て、その夜はぐっすり睡眠。妄想する暇もなし。
[PR]

by akogarehotel | 2009-12-14 18:58 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成21年12月14日(月) 平成21年12月12日(土) >>