平成21年12月26日(土)

平成21年12月26日(土)

土曜日って、、、いったい何をしているのだろう?
午前中の仕事が終わったら、3時。
立ち食いうどんで食事をして、帰宅すると4時。
待ち受ける子供と散歩して、
なだめすかして、
お風呂に入れて、、
、、、、寝付かせながら、いっしょに寝てしまう。

妄想にふけるだけ。

妄想的選手紹介のつづき

では、Aチームのシェフチェンコは?

【シェフチェンコ】
17,5,16,16,16,13=83
特技、スペースメイキング
ACミラン、相性L、誰でも知ってるウクライナ人。ソ連か。
デビュー以来、黒キラの有名人だったが、0809で初の白。

彼の特徴を一言で言うなら、、、

金髪リーゼント。
ミーティングのときに、遠くのほうから鋭い眼光でにらまれてると、反射的に「ごめんなさい」と言ってしまいたくなる。
まるで、バブルの頃の暴走族のような外見。または、田舎の高校の応援団。
カードの写真とは全然違う。
そんな頭ではヘディングはできないだろう?というか、
「髪の毛が乱れるから、ヘディングしないことにしてます、オスっ!」
という声が聞こえる。

実際のプレーは、よく言えば「泥臭い」、悪く言えば「重い」。
TecSpの割には、ドリブルが遅く、DFを一人かわすので精一杯。
だから、常にからまれてる。常にけんかを売られてる弱っちいヤンキー。
しかし、からまれても、DFを引きずりながら、あるいはDFが目の前にいるのに、強引にシュートを打つと入ってしまうことがある。
1対1には弱いけど、ごちゃごちゃした混戦に強い。
まさに暴走族の喧嘩。

パトのようにゴールを量産するのは不可能。
しかし、なんとか1点だけお願いします、と神頼みすれば、御利益あり。
あまりの遅さと重さに解雇しようと思ったけど、1-0で勝つ試合では彼の影があるので、切るに切れず。

動きが重いので配置はゴールの中央。
サイドからの攻撃はできないので、LK連携であるがアドリアーノとは同居できない。
(Kパトが意外とサイド攻撃が苦手なので)IバベルかIペルオと組んでもらう。


【ロビン・ファン・ペルシー】
17,7,17,14,17,12=84
オランダ人、FW、相性I、アーセナル。
0708の特技はサイドチャンスメイク
0809は黒。

いわゆる、愛する「ペルオ」。
何度も話しかけてるのに、常に機嫌をそこねてばかり。
なんで私の気持ちを分かってくれないの?ハート。
あなたの顔はいつも緑色。たまには赤くなってね、お願い。

0708スターターキットからの長ぁぁぁい付き合い。
スターターの引きがいいな、おれ。
ではなくて、スターターに強い選手を入れておけば、新規固定客が増える、というセガの思惑的中。
WCCFの初登場は0506のEx。そんなに話題な選手だったとは知らなかった。

今年夏の日本-オランダのフレンドリーマッチで得点を入れた。
テレビに映った実物の外見はイケメンなのに、ゲームのCGはかわいそうなくらいに別人で、不細工。しかし、愛嬌たっぷり。よけいにかわいい。

0809シーズン頃からセンターFWで得意の左足からゴールを量産して得点王。
しかし、それまでは、どちらかというとサイド職人。なので、0708の特技は「サイドチャンスメイク」。
いったい、どっちが正解なの?

左利きなので左ウイングに配置すると…
なんで?というくらいに動きが鈍る。単なるへたくそになる。
クロスは滅多に上げられない。中央への、ちょっと早めのパスが精一杯。
パスを受けるパトも右利きなので、双方に理由があり、この配置での得点力はゼロ。
左利きのアドリアーノの加入で、もう少しだけこの配置を試してみることにするが…

センターに配置すると、パト無双ほどではないが、天下無双・改くらいの威力を発揮してくれる。白としては十分な働き。
しかし、何かが足りない…

右FWに配置すると、右サイドをドリブルしてクロスを上げる。しかし、左利きなのでアウトサイドキック。見ていて非常にぎこちないが、そこはテクニックでカバーしているらしい。しかも、なぜか左サイドだとDFに止められるのに、右サイドならDF陣を突破してしまう。
右配置の場合は、さらにオプションがある。
右45度でボールを受けた場合、三角ボタンの指示により中央に切り込んで自分でシュートを狙えることもある。この場合、

「得意の位置!」

という実況が入る。
左利きだから、右45度は超絶角度。シュートの成功率が飛躍的にアップしている。

ペルオと半年過ごした私に言わせれば、誰が何と言おうと、

ペルオは右FW

でも、実は、もっともペルオの目が輝くのは、プレースキック。
白の分際でフリーキックを直接入れてくれたりするし、コーナーも、パトの足元にぴったり合わせてくれる。
だから、FK、CK、そしてPKまでも自分に任せてくれないと機嫌を悪くしてしまう。
扱いずらいわ、ホントに。

で、『ベルカンプ2世』って言うんだけど、そもそもベルカンプって誰?


【バベル】
17,7,15,15,18,13=85
FW、リバプール、オランダ人、相性I

0809で初めてカードの存在を知ったけど、0708にも黒で登場していたという。0809の選手は現在、ほとんど知り尽くしているが、0708の中には、まだまだ知らない選手が多い。
それだけ、最近の熱中度が、おかしいということ。壊れているということ。
だって、おもしろいんだもん。

何でこんな有能な選手を知らなかったんだ!?
だって黒だもん。

それが白に格オチしたんだから、チャンス。
数値を見れば、誰でも分かる超優良白。こういうカードが存在してしまうので、全白チームが楽しくてしかたないんだよ。
そうだよ、セガのせいなんだよ。
スピードが18もあるのに、パワーが15って、物理的におかしくないかい?白なのに。
パト、ペルオがパワー不足な点を解決してくれる1枚です。
(シェフチェンコとアドリアーノには負けるけど。)
でも、実際は、テクニシャンらしい。
何度も勝手にドリブル突破をやろうとしてくれちゃう。たまに、ルーレットなんかしたりする。
そんなことしなくていいからさ、あなたはパワーを発揮してよ、って感じ。
右利きなので、右サイドを上がってくれれば、パトとの相性がいい。
同じく相性Iのダゴベルトと同等か、それ以上。オランダ人なのでアフェライとの相性がいいので、お買い得。


【パト】
18,4,17,13,18,13=83
FW、ミラン、ブラジル人、相性K

誰もが知る最高優良白。
このカードがなければ全白チームは存在し得ない。
このカードのせいで、なぜか私は全白チーム。

でも、白ガチのときは、「パトって誰?」。
その後、このカードをくれたのは、コシュ。

ん?うまくだまされた?

前橋での市場価格は700円。
人気のないキラよりも高い。しかし、今後、もっと値上がりするでしょう。持ってないやつはカードショップへ急げ!

とりあえず何でもやってくれるスーパースターなんだけど、
脱いでもすごい、じゃなくて、
疲れてもすごい。

スタミナがないから、あっという間にゲージが減る。
ハーフタイムでは、いつも「パト選手、スタミナが足りません」って言われる。
しかし、そんなの全然気にしない。無視して使い続ける。
ゲージが減れば、確かに動きは遅い。しかし、やることはしっかりヤル。
ゲージが空っぽのときでさえも、DF一人かわしてゴール!なんてのは、よく見る光景。
絶対、どこかが壊れてる。またはバグ。

パトの偉さは、もっとある。

なぜか、パトに対してヘンテコなパスが出ることが多い。
アフェライでさえも、パトへパスしたつもりが、パトのすぐわきを素通りして、ゴロでキーパーへ届いてしまう。
アッピアからのパスも、ときどきそんなことがある。
最初のうちは、「なんだよ、ヘタクソなパスだな」と思ってたんだけど、

実は、これこそがパトの特技の「ロングスルーパス」なんですね。
つまり、シュートボタンが遅いから、キーパーへのパスになってしまうので、要するにオレが悪い。

これに気付いてからは、パトへのパスが出たときは、超早押しでシュートボタンを押してるんだけど、、、

まだ連携線がつながってない状態では、無理みたいです。
でも、今後が楽しみ。


以上、FWは4人体制。
Kパト-Iペルオ のツートップが基本。
交代要員が、Kアドリアーノ(またはLシェフチェンコ)とIバベル。
[PR]

by akogarehotel | 2009-12-28 15:57 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成21年12月27日(日) 平成21年12月25日(金) >>