平成22年1月1日(金)

平成22年1月1日(金)

あけましておめでとうございます。

二度寝をしたので永遠に眠い。
しかし、ここはおばあちゃんち。家事の必要がない。
さらに、子供たちも眠たそうなので、朝9時まで寝ていられた。
しあわせぇぇぇぇ、、、、
これが正月。
これだけが正月。


ところが、
子供が眠たそうなんてのは、あまりいい兆候ではない。
案の定、長女が突然嘔吐。
「おせち料理の酢が強すぎた?」なんていう意見もあったが、、
正月といえば嘔吐下痢。
下痢してなくても、嘔吐下痢。

高熱ではないが、元気がない。
当然、初詣は中止。長男と一緒に本屋に外出した以外は、ひたすら家の中で過ごす。
ぐだぐだテレビ。ぐだぐだ看病。ぐだぐだ長男とシールブックや「間違い探し」。

全日本実業団駅伝
群馬県にて、正月の忙しい時期に、群馬県警を総動員して開催される、1年間で2番目に大きいイベント。(1番は競輪寛仁親王牌。)
大都会前橋の県庁広場がスタートとゴール。
オレンジ色にそびえ立つ県庁がテレビに映される。
「群馬県の自慢だね。これくらいなら税金を払っててよかった」
と、群馬県民を錯覚させる。

冬の前橋は、北からの「からっ風」が強く、とてもマラソンなんて雰囲気ではない。
まっすぐ走るのが精一杯で、タイムを競うなんていう次元ではない。
「なんでこんな季節に、駅伝なんてやるの?しかも正月1日に交通規制までして。」
というのが、多数決意見。
しかし、どっかの誰かが反対を押し切って、駅伝を前橋に持ってきた。
利益を得ているのは、前橋の宿泊業、つまりホテル。
駅伝のおかげで、数日前から前橋市内のホテルはほぼ満室。選手は群馬の北風に順応しなくてはいけないので、数日前から前橋に滞在する。幹線道路のあちこちでランニングしている選手を見かける。
体育会系ならば、打ち上げも常識以上?飲食業もそれなりの恩恵ありか。

マイナス面は税金の支出だけだから、悪いことではないのかもしれないね。
前橋と群馬の知名度も上がるし。

いつのまにか前橋では、メインスポンサーの「ヤマサキパン」が超有名になり、シェアNO1になったのには驚き。


他人の家でゴロゴロするときの唯一の欠点は、
飲めず喰えず。。
おなかが空いても、自分から言うわけにはいかないので、、今度来るときはおやつを持参しよう。

外気温が4度の元日。
ワールドサッカーマガジンなんていう、半年前には予想もしなかった本を読みながら。
[PR]

by akogarehotel | 2010-01-06 13:03 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年1月2日(土) 平成21年12月31日(木) >>