平成22年1月8日(金)

平成22年1月8日(金)


長男は今日から幼稚園。ウキウキして出かけていった。
対照的に、長女は一人で取り残される。シッターさんの顔を見た途端に大泣き。
あやして、あやして、なだめて、なんとか出勤する。
長男の保育園デビューも涙の連続だったから、誰もが通る道なのだろうが、、、

いいのかな、本当に?

そんな騒乱もあり、今日も15分の遅刻で出社。
いいのかな、おれ?

それなりに仕事をして、
昼休みになった途端にウキウキしてゲーセンへ出かける。
いいよね、これ?


昨日、作ったばかりのアルゼンチンチームを育てたい。

…すでにセガの術中にはまってる。。
育てたい、使ってみたい、勝ちたい、人間にこの気持ちがある限り、セガは儲かる。株価が上がらないのが不思議だ。

メッシが強い、アグエロが強い、なんてことは誰もが知ってることなので、違う話題を…

『同じチームでもフォーメーションは何通りも存在する』

サッカーを全く知らない私が、最近気付いた事実がこれ。
攻めるか守るかによって、フォーメーションは当然変わる。

基本の4-4-2

☆☆☆⑩☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆⑪☆☆☆
★⑧★★★★★⑨★
★★★★★★★★★
★★⑥★★★⑦★★
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆②☆③☆④☆⑤☆
★★★★①★★★★

①GK レオフランコ
②DF ビジャグラ
③DF ロドリゲス●
④DF サムエル
⑤DF トゥッシオ
⑥MF カンビアッソ●
⑦MF サネッティ●
⑧MF バネガ
⑨MF ガーゴ
⑩FW アグエロ●
⑪FW メッシ●

トップ下(中央)というのが存在しないのだから、サイド攻撃が主体。
しかし、これで攻めきれない場合には、攻撃的なフォーメーションへ、

チェンジ!

☆☆☆⑩☆⑪☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★⑨★★★★
★★⑥★★★⑧★★
★★★★⑦★★★★
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆②☆③☆④☆⑤☆
★★★★①★★★★

メンバーは同じ。MFが微妙に位置変更。
トップ下の⑨フェルナンド・ガーゴが鍵、まさにキープレイヤー。

【使用感①】
フェルナンド・ガーゴ
L、0708、白、MF、レアル
(0809は黒)
13,12,18,12,14,15
「KPアタック」

現在リアルに大活躍中で、僕でも知っている選手。0809は黒だから、0708の白はお買い得。テクニック18って、愛するアフェライ(白)よりも技術系。
KP「キープレイヤーアタック」は、まさに司令塔。
司令塔が白ってのは、ちょっと不安だったが、、、
まわりにタレントが並んでいるので、全然問題なし。

DFがボールを奪うと、とりあえずガーゴへパスする。
そして、戦術ボタンの点灯方向にあわせてガーゴが絶妙なパスを送る。
パスカットされることはありえない。まさしく技術系絶優良白。
ボタンで指示をすれば、中央突破だけでなく、右の⑧バネガ、左の⑦カンビアッソへもパスを出して攻撃できるのが強み。

さらに、KPに設定しておくと、どうやら個人能力も底上げされるらしい。
ガーゴ自らが動き回って、ボールを奪ってしまう。
ガーゴの位置(トップ下)でボールを奪うってことは、当然、ゴールの目の前。
『エリア内!』
な訳ですよ。
しかし、喜んでとっさにシュートボタンを押すと、、、

ゴロゴロのボールが敵キーパーへ「パス」される。
おい、シュートかよ、それが。
これこそ、オフェンス値13の笑いたくなるシュート力。この位置、このパワーでは、ノーマークでも得点できない。
なので、ボールを奪ってから、ゴールへわずかに近づいて、、
そして、シュートボタン!

現在、我がチームの得点王になりかねないくらいの大活躍です。
(COMキーパーが飛び出してこないからかもしれないけど。)

さらに利点あり。
KPに設定して勝つと、勲功が上がる。直後のミーティングで「おおいにほめる」を選択すればほぼ大正解。士気も上がるし、調子も上がる。一石3鳥。

なぜ前回の白ガチで目立ってないの?
次回の白ガチで使えないのが悲しい。


さらに白いお話。
補欠と言っては申し訳ないお二人。

【使用感②】
FW パレルモ
E、0708、ボカ、「ハイタワー」
18,3,15,18,9,11

FW パラシオ
E、0809、ボカ、「シャドーストライク」
17,5,16,13,17,15

ボカが誇る白FWの二人。特殊連携あり。
メッシ-アグエロのおまけの控えのさらに、補欠的な目的で登用したのだが、、、

なぜ、白ガチで誰も使ってない?!

パレルモって、パワー18だよ!ハイタワーとしてはもちろん、ドリブルでDFかわしてシュートなんてのも、ガツガツやってくれる。スピード値9ってのはウソだろ、これ。
強いて言えば、顔がチャックウィルソンに似ているのが気になる。

パラシオだって、パラはダゴやペルオ並みなんだから、サイドからクロスも上げられるし、カットインもできるし、ガーゴのパスからワンタッチシュートもできるし、、。


⑩パレルモ - ⑪パラシオ
⑨ガーゴ

この白3人でも得点能力に問題なし。
…アルゼンチンの白チームをやりたくなってきた、、、、まずいな。


という豪華メンバーで10試合経過。
9勝1敗。
対人は1戦のみ。敗北した1戦。
EPCでプレミアリーグのチームに戦力比71:29では勝てっこない。
さらに、サムエルがイエロー2枚で退場してしまい、完全にお金のムダ。
どっちにしろ、DFが再考の余地ありありだから、対人戦は早すぎる。


ところで、自分的に大発見。

勝った試合の終了時にモニターに大写しになる選手がいる。
グランドから引き上げてくるときに、手を振りながらモニターに映る選手のこと。
その選手を直後のミーティングで「おおいにほめる」と、ほぼ正解。
「ほめる」でもなく「賞賛する」でもない点に注意。
しかも、
え?こいつが活躍したの?
なんていう選手でも、「おおいにほめる」で正解。

たとえば、
完全な勝ち試合で、敵のシュートがゼロ。てことは、私のキーパーは1秒もボールに触ってない。そんな試合でも、映し出されたのがキーパーならば、キーパー(レオフランコ)を「おおいにほめる」。
当然のように正解。不思議だ。

明日からも検証してみよう。
でも、そうすると試合後のコミュニケーションが3回じゃ足りない。
かなり成功率が上がったけど、それでも、まだDFを擦る暇がないし、ラウンジなんてもってのほかだ。


ボソッと。。。。
選手の個々の能力は、実はほとんど同じくらいで、要は、どんだけ成長させるかということと、あとはプレイヤー(監督)の腕次第なのかな、このゲームは。
[PR]

by akogarehotel | 2010-01-09 14:25 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年1月9日(土) 平成22年1月7日(木) >>