平成22年2月3日(水)

平成22年2月3日(水)

そういえば、去年の2月1日に長女が肺炎で入院したんだよな、なんてことを思い出しつつ…

長男の咳に悩まされ、6時前から眠れない朝が始まる。
間違いなく昨日よりも悪い。
咳と痰が多い。その割りに元気に走り回るが、、、
それがいいのか、悪いのか。
余分な体力を使うと言うことは、余計に体をいじめている。
と、大人の医学を説明しても、長男が理解できるはずがない。

自分が仕事へ行くときに、長男も連れて行き、吸入なんてことをしてみる。
咳が軽くなって、痰がきれるように。

水曜日は、午前中だけの営業。
おととい確認したときは予約のお客さんが、たったの1名。
まずいな、というよりは、暇で助かった、と思っていたが、、
今朝、ふたを開けたら、、、、

風邪の方々が殺到。
長男のように咳と痰がひどい幼稚園児とか、嘔吐下痢お大人とか、、、

もう、くたくた。
他人の心配なんかしている体力と気力なんてありませえぇぇぇっぇぇん。

仕事が終わったら、昼食を食べずにとりあえず帰宅。
そういえば、今日も朝食を食べてない。
帰るなり、長女の「散歩」。ま、予想はしてたけどね。
家の中に入ったのは数分。すぐに二人で外へ出る。散歩と言いつつ、車に乗るのが好きな長女。うまいこと車に乗せて、パン屋とクリーニング店へ。

パン屋で昼食を買って帰宅しても、今度は長女が、歩いて散歩を希望。ホントに、もう!
しかし、数歩歩くと、もう「抱っこ」希望。もう!!!!
さすがに寒いらしい。
晴天の真冬の日。放射冷却で、かなり寒い。

散歩を中断して家の中へ。
長女におやつを与え、自分はやっと昼食にたどり着けた。午後2時半。


その後は、いつもの育児。
自宅で、子供二人と遊んで過ごす。
元気がない長男に心配しつつ、隙を見て掃除機をかけて「借金」を返す。
最低限の掃除だけで終了。それ以上は無理!
目の前でホコリが舞い上がってても、それ以上の掃除は物理的に無理。


夕方、唯一の楽しいイベント「豆まき」で、多くのお父さんと同じように、鬼役。
手作りのお面をかけて、玄関で「ガオー」。
喜んでマメを投げてくる長男。
脇で見て、きゃはきゃはと訳も分からずに喜んでる長女。
この二日間で、唯一の平和な瞬間。


長男の咳がかなりひどい。
長男も心配だが、長女へうつるのはほぼ確実?
とすると、まだまだこんな状況が続くのか…
先の見えないトンネルの生活。


夜8時。
長男が発熱。39度。
昨日から薬を飲んでいるにもかかわらず、一向によくなる気配がない。
ウイルス性の気管支炎なんだろうけど、、、、

現代の医学では、ウイルスに効く薬はありません。
インフルエンザへのタミフル、ヘルペスに対するゾビラックスという、非常に例外的な薬以外に、ウイルスに効果のある薬はありません。
ウイルス疾患は、自分の力で自然に治さなければいけないのです。


さて、今から、長くて眠れない夜が始まる。
[PR]

by akogarehotel | 2010-02-04 17:36 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年2月4日(木) 平成22年2月2日(火) >>