平成22年2月17日(水)

平成22年2月17日(水)

午前中の仕事が終わった後、幼稚園へ長男を迎えに行くことになっていたが、、
たまたま、妻も時間があいて迎えに来た。しかも長女を連れて。
たまたま、幼稚園に家族4人が集合してしまい、せっかくなので「おやつ」を食べに行こうとなった。で、長男の希望を優先して、

「ポテトやさんへ行こう」

いわゆるマクドナルドのこと。
目当てはもちろんハッピーセット。ボタンを押すと音が出るような単純なおもちゃで、間違いなく1日以内に飽きて放り投げられる運命のおもちゃ、そんなものがオマケについているだけで、子供をひきつける。
マックが偉いのではなく、子供の智才が低いだけ?

そんなわけで、子供たちはおやつ、僕は昼食を食べる。

その後、長男は英会話へ行き、僕と長女は帰宅。
そして、午後は育児生活へ突入。


夜。
昨日、残業をしなかったので今日こそ。
そして、今日こそWCCFも。

メッシ-イグアインに、リケルメのゲームメイクが発動すれば、とりあえず点は取れる。
配置は、↓

☆☆☆☆☆☆①☆☆☆☆
☆☆☆②☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆③☆☆☆☆☆

①メッシ
②イグアイン
③リケルメ

で、問題は、その他2名が機嫌を損ねてしまうこと。
パレルモとビアトリが出番がないこと。

パレルモもビアトリもポストタイプのFW。
イグアインはスピードタイプ。
メッシは?
本来、スピードタイプであろうが、それじゃ全然仕事しない。(←私の場合だけ?)
で、ゴール真ん中天ベタにしたら、突然活躍し始めた。つまり、ポストプレイ。

とすると当家のFWは、
ポストプレイヤー 3人
ウイングタイプ 1人
明らかに不均等。

(ポスト)←(ウイング)
メッシ←イグアイン
この形が当家の本線。

ビアトリB←イグアインC
この形も好連携で得点力あり。

他は?

パレルモE←メッシK

で点が取れないので困る。
むしろ、パレルモに代えて、ウイングタイプのロサレスを登用して、
メッシ←ロサレス
にするほうがいいと思う。今さらだけど、メンバーチェンジをしようと思っていたら、、

なんとなんと、

パレルモの誕生日が、僕と同じ!

ちなみに伊集院光も同じ。
これは切れない。とことん行かなければならない。

WCCFの本質は「愛」だと思う。
選手を愛すること。言い換えれば、好きな選手を使うこと。そいつがどんなに使えない選手でも、好きな選手ならば使い続けること。
これがこのゲームの本質。

「どんなに使えなくても」という表現はいくらなんでも失礼すぎる。
パレルモとメッシが、そんな選手であるわけない。
どこかを工夫すれば、二人が光るはず。それを光らせるのが監督の役目。

で、考えた。

よく見るパターン:メッシが右ウイング。パレルモ中央トップ。
しかし、メッシのサイドのドリブルは簡単に止まる。基本的には攻撃力なし。
ところが、「ゲームメイク」に設定すると、止められそうになったところで中央へスルーパスを出す。いわゆる「斜めスルー」。
だけども、出すときは出すが、出さないときは出さない。当たり前か。

失敗例:パレルモ中央トップ。メッシをトップ下。
トップ下はパワー(奪取力)がないと空気。

メッシの位置を、微妙に中央よりにしてみたり、
右攻撃の指示ボタンを微妙に消してみたり、
メッシの下に補助役のガーゴを置いたり、、

愛を込めて、考察しています。

少なくともパレルモは解雇できない。
リケルメのコーナーにどんぴしゃで合わせてシュートができるから。


そんな実験配置プレイのため(?)、勝ち負けは度外視。
結果、プレミアリーグを2勝3敗1分。

降格リーチ!

80試合消化しました。
ゲームメイクがBのままです…
インターセプトもBのままです…
[PR]

by akogarehotel | 2010-02-18 18:13 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年2月18日(木) 平成22年2月16日(火) >>