湯布院と由布院 平成22年3月20日(土)

平成22年3月20日(土)


今日から温泉旅行。
日頃お世話になっているおばあちゃを温泉くらいに連れて行ってやろう、という企画?
じゃぁ、おばあちゃんは神戸にいるんだから、有馬とか、淡路島とか?

妻「もっと遠くにしようよ、せっかくの連休だから。」

趣旨を変えて、長男を電車に乗せてあげよう、という企画?

妻「滅多にいけないところの電車がいいよね。」


なぜに、遠くへ行きたがる…
要するに、誰の希望かと言えば…

ということで、目的地は由布院(湯布院)。
特急「ゆふいんの森」に乗って湯布院へ。

なぜに、遠くへ…
特急「くさつ」に乗って草津でいいじゃん!


土曜日の朝。妻は子供2人を連れて先に出発。
羽田から飛行機で大分へ。子供2人と一緒になんて、かなり気合が必要だ。

僕は午前中の仕事が終わってからの出発。
仕事を適当に放り投げて、クリーニングや買い物や掃除やらの雑用をダッシュで片付けて、
高崎駅で4時半の新幹線に乗る。
車内で駅弁を食べる。これが昼食。
おなかすいたぁぁぁぁぁ。

午後6時、羽田空港に到着。
すると、なんと羽田と大分の両方が悪天のため「天候調査中」とのこと。

いっそのこと欠航になれば、東京で1泊。ゲーセンに1泊。
なんて妄想をしながら、レストラン街で夕食を食べる。
さっき昼食を食べたばかりのような気がするが…

7時過ぎ、天気が回復したため、予定より30分送れで出発。
久しぶりの飛行機。「天候調査中」のところを無理して出発、なんて言われると、ちょっと緊張する。

羽田から大分までは飛行時間が1時間50分。
意外とかかるんね。

大分に到着したときには、すでに真っ暗。
小腹がすいてたけど、空港のお店は全て閉店なので仕方なく湯布院の宿へ向かう。


湯布院「二本の葦束」
(ホテル日記は次項)

対応の非常に丁寧な高級温泉宿。
なのに、なのに、、、

夜10時を過ぎると食事の提供が一切ない。
売店は閉店。開いているバーは飲み物しか売ってない。
もちろんルームサービスなんてなし。近くにコンビニもないし。部屋にあるものは…

おばあちゃんの食べかけの小袋のスナックだけ。。

おなかすいたぁぁぁぁぁ。

なんでこんなひもじい思いをしなきゃいけないの???


ちなみに、
温泉の意味で使うときは「湯布院」。
地名として使うときは「由布院」。
のようです。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-23 03:10 | ホテル日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 二本の葦束(大分県、湯布院) 平成22年3月19日(金) >>