平成22年3月21日(日)

平成22年3月21日(日)


そんなわけで朝9時に遅い朝食。

子供達はすでにバウムクーヘンでおなかが一杯。だから、親が食べている間、朝食会場でじっとして待っていることなんて不可能。
せっかくの高級旅館の朝食を3分で食べ終えて、子供と一緒に部屋へもどる。


午前中は、由布院の街中を散歩。

びっくり!

こんなに混んでるの?!
小さな路地を含めて温泉客であふれていて、駐車場は当然満車で、道路は車が全然動かない。
確かに、大きな温泉町ではよく見かける光景だけど、、、
規模は小さいけど、由布院ってまだまだ繁栄してますね。

駐車場待ちの列におじいちゃんと車を残して、僕たちは温泉街の散策。
レトロ風に建て替えられた由布院駅が観光の中心。駅にはレトロバスや人力車、馬車までが集まってくる。
評判の店にあちこち立ち寄り、お弁当やおやつを買い込む。
その中の一軒。ただの肉屋。地元の人が行くような普通の肉屋に行列ができてる。揚げたての地鶏のから揚げを売ってる。100g280円で、意外と高い。(普通200gから)
でも、行列ができるほどおいしいのだろう、と思い300g買い込む。

そしたら、、、大ハズレ。

何これ?行列はサクラ?
肉は固く、生っぽいし、油も多い。。。
行列に騙された。。いい経験をしました。
ただの甘味屋でも温泉地にあるだけで論外の混み方をするから…温泉っておかしい。日本人っておかしい。

午後は長男と二人で「大分サル山」電車旅行。
由布院駅から特急「ゆふいんの森」に乗って出発。


「ゆふいんの森」

全車指定席。なのにグリーン車はない。これは「全車グリーン車」という趣旨のため。
景色をよくするため、(本当はディーゼルエンジンが邪魔なため)車両が高く、まるで2階席のようなところに席がある。それだけでも見晴らし最高なのに、さらに全車両にサロンがついている。景色を見ながら食事を自由にできる椅子とテーブルがあちこちにある。
座席以外のフリースペースをかなり広く提供している。このへんにJR九州の湯布院観光にかける意気込みを感じる。

長男は、その価値を理解できっこないが、かねてから念願の「ゆふいん」に乗れて大喜び。そして、最近覚え始めたデジカメに夢中。
あちこち、アチコチを写真に撮っている。

私 「ゴミ箱まで撮ってるの?」

長男 「ゴミ箱じゃないよ、中身だよ」

とか、

長男 「いい景色ないかなぁ、、、、あった!」

と言ってシャッターを押したのはパチンコ店。

極めつけにこの一言。

長男 「いい思い出が撮れたねぇ。。。。」


お弁当を食べながら、あっという間の40分。大分駅に到着。
ソニックに乗り換えて別府へ。


「白いソニック」

青と白があるソニックのうち、新しくてきれいなほう。一言で言えば、最高レベルの「ビジネス特急」。皮風(?)のシートに暗い照明。前の席との幅が広く、かなりゆったり座れる。
そんな席に子供が座っても価値はないが…

あいかわらずデジカメで写真を取り捲りながら、別府駅に到着。
都会だ!
別府って、でかい。前橋よりもでかいかも。
もちろん、別府も前橋も競輪の町。これだけ栄えてるのは競輪(と温泉)のおかげ。

駅前からタクシーに乗ってサル山へ。
そのタクシーの運転手さんが、、
「お客さん、医者だろ?。。。前橋かい、競輪ドームのあるところだよね。桐生には競艇もある。いいねぇ。別府にも競輪があるからね。」

なんか、仲良く慣れそう。といっても運転手さんは70後半のおじいちゃんなんだけど。
運転中も、長男とおじいちゃん運転手は「ゆふいんはディーゼル。ソニックは振り子式電気気動車。」なんて話題で盛り上がっていた。


高崎山自然動物園

いわゆる「サル山」というか、サル山しかない。しかも、意外と小さい。神社の境内くらいの広さ。
しかし、すごい。
これは驚く。
はっきり言って、上野動物園やサファリでサルなんて飽きるほど見てたから、みくびってた。ここは、そんなレベルじゃない。

とりあえず、数が異常。500頭と言われてもぴんとこないが、要するに「たくさん」。
で、動物園と違うのは、「サルが見世物ではなく、人間がお客(見世物?)」

サルにとっては、ここは自分の家。人間のことなんか気にしないで我が物顔に生活している。
お客さんは餌をやってはいけないし、サルもそれを知っているから愛想を振りまいたり近寄ってきたりしない。
むしろ、不用意にカメラを向けると怒る。
うちの長男もサルに怒られて、もう少しでカメラを奪われそうになった(^^)

動物園よりもサファリよりも、サルと身近になれる。子供も楽しんでいるけど、大人も違った意味で楽しいかもしれない。

サルしかいない自然動物園だけど、十分に堪能した。

帰りは別府駅から路線バスで由布院へ。
別府市内では普通に街角に停車してたバスが、だんだんと山の中へ。
ハゲ山が壮大な由布岳のすぐ近くまでのぼり、絶景を楽しみながら終点の由布院へ。
こんな「路線バス」て初めて乗った。「観光バス」じゃなくて「路線バス」。
1時間も乗ってたのに、料金は900円。しかも長男は無料。

バスってのも楽しいもんだね。

しかし、長男は疲れ果て、バスの中で寝てしまってた。。
バスから降りて、旅館まで、16kgの長男を担いで帰った。あいかわらず、鍛えさせられてます。

(付記)
高崎自然動物園には水族館「うみたまご」が隣接しています。
長男は昨日20日にそっちは体験済み。
[PR]

by akogarehotel | 2010-03-24 13:29 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年3月22日(月祝) 二本の葦束(大分県、湯布院) >>