平成22年4月13日(火)

平成22年4月13日(火)


本業以外で多忙を極めた日。


朝から幼稚園の「旗振り」
園児が横断歩道を渡る際に黄色い旗で援護する。
いいお父さんだね、おれ。

しかし、おかげで次の予定が押し押し。


今日は介護専門学校の新学期初日。
そんな大事な日に、旗振りのために遅刻(^^;

クビ覚悟の旗振り?

介護専門学校は2年制。
その2年生に医学の授業をお話しする。
最近、介護職が見直されたとはいえ、やはり3K。
入学生は減少中らしい。
しかし、比率として社会人の入学が増えている。なんと現在の2年生は半分(60人中の30人)が社会人入学だそうだ。

てことは、、、授業がしやすい。

去年までの「高卒で遊びに来ました」なんていう専門学生ではなく、本気で仕事を考えている人たちなので、みな熱心に授業に参加する。

いいことです。

しかし、学生の減少により僕の任務も半減。
30回の授業が、15回に減った。

いいことです。

そのため、いつもなら1時限と2時限に授業を行っていたが、これからは毎週、1時限だけでいい。
一方、子供は二人とも午後まで幼稚園に行っているので、

ということは、、、

いいことです。

帰り道にはゲーセンがいくつもある。
アピナ前橋はWCCF環境が劣悪なので遠慮する。


ラウンドワン!

平日は1000円で8クレ。さらに禁煙!
これって、天国?それともパラダイス?
だから、平日の昼間なのに、4人も客がいる。しかも濃い人ばかり。
ちらっと見ると、みんな六角形が黄色いし…

先日からスタートした第二次メインチームを育てよう。

まだ7戦しか消化してないから、もちろん弱い。
それなのにプレミアリーグ所属という無謀。

優良白をかき集めたので、それなりに戦えている印象だが、、
ファンペルシーは相変わらず機嫌が悪い…


キングスの決勝戦。
相手は、3項目震撼でルーニー、ベルバトフ。
戦力比は68:32で僕の劣勢。
これはごめんなさいだろ、普通?

しかも、
この試合の直前にコーチが来たので、当然徹底練習。
そしたら、パレルモが初期疲労。。。
マルティンスがねずみ色。。。

仕方ないから、FWファンペルシーをワントップにして、通常はMF配置のアイマールをFW配置でファンペルシーのすぐ下に。
そして、MF4人を総動員。ガーゴ、バネガ、カンビアッソは「守備的MF」の配置に。マスチェラーノは当然、DF配置。
5-3-2
まさに苦肉の策。
得点は期待していない、とりあえず守れ!


開始早々、ルーニー小僧に1点献上。
だが、それだけ。

ファンペルシーは、敵のDFを少しだけ疲れさせる、という任務を全うして前半終了。
ハーフタイムでメンバーチェンジ。

FWファンペルシー、MFガーゴ

FWパレルモ、FWパラシオ

アイマールをMFに下げ、そしてひたすら中央突破。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆①☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆②☆☆☆☆
★★★★★③★★★★★

①Eパレルモ●ラインブレイク
②Eパラシオ、シャドーストライク
③Gアイマール●コンビネーションプレイ


敵は楽勝雰囲気だったからハーフタイムでDFの交代はなし。
へへへ。かかったな。
試合が止まらずに後半も経過。DFに疲れがたまってくる。
そんな状況で、パラシオ→パレルモ!
特殊連携のスルーパス。

まさかの1:1で終了。

そしてPK戦は神様カーン(キラ)の出番。
敵はファンデルサールだったけど楽勝。

まさか、勝っちゃった。
すっごくうれしい。

次のナショナルスーパーもCOMを相手に楽勝。
4-0

賞金ガッポリ。
年俸バッチリ。

しかし、よかったのはこれだけ。
その後、なんと、、

レギュラーリーグ(プレミア)4連敗。。

1勝5敗で8位。。。
さすがに降格決定。

ま、勝率を上げるためにも1部で鍛えなおしたほうがいいね。


帰り道。じらいやでカラーゼ(0809ペナルティエリアブロック)を購入。50円。
持ってたはずなのに、どこかへなくしちゃったから。。


考察。
アンチコンビネーションよりも、インターセプトのほうが、なんだか安心する。
月野さんと同感。
やはりデミチェリスのいないチームは考えられない。次のICに引き継ぐときには召集しよう。今のICは、今のみなさんをよく研究するためのIC。


じらいやの後は、幼稚園へお迎え。
そして、いつものツタヤ。
さらには、車の修理や、銀行へ寄って帰宅。
絶好の天気の中を、子供たちと散歩して、
そして家の掃除もして、、、

やっと一日が終了。

まさに本業以外で終わった一日。
大丈夫か、本業?
[PR]

by akogarehotel | 2010-04-14 12:02 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年4月14日(水) 平成22年4月12日(月) >>