平成22年6月3日(木)

平成22年6月3日(木)

長い日記。

長女は、朝になって熱が少し下がってる。このままいってくれれば…

午前の仕事で、
昨日来たインフルエンザの患者さんのうちの一人が、今日、また来た。
昨日は「タミフルは飲みたくない」というので、処方しなかったけど、つらいから「やっぱり飲みたい」とのこと。
昨日から飲んでおけばよかったのに。飲まなかったおかげでうちの売り上げが増えるだけです。
(薬をどれだけ売るか、ではなく、患者さんを何回診察するか、が利益に影響。薬の売り上げは僕の利益とは全く関係ないんです。)


昼休みは、往診とガソリンスタンドとマトリクス。

WCCFは1000円で8クレ。
地域最安値なので混んでいる。なんと空席1つだけ。
でも僕にはそんなに遊んでいる暇はない。
とりあえず、500円だけ投入(3クレ)。

ビアトリ&オールスターズ(全白)

ちょうど始まったICC。適当に敗退して帰ろう。そんな気持ち。


予選1:対人 △1-1

敵はよくお会いする住人さんで、なんと全白アルゼンチン。サビオラ、アグエロ、カリッソ他。
戦力比は47:53くらいで劣勢。(優勢なんてなったことないよ)

サビオラ、止まらないぃぃぃ…で失点。
しかし、こっちも、マリオーニって誰?!で得点。(実際はイグアインのクロスがすごい)
戦力比どおりの引き分けという感じ。運がよければ勝てたかなぁ。。。


予選2:対人

敵は、アルゼンチン(^^)なんと、またまたアルゼンチン。
しかし、今度はU5。メッシ、ベロン、マスチェラーノがキラキラ。
45:55で劣勢。
ここを負けると予選敗退だから、これで帰ろう。そんな気持ちでプレイ。
ところが、、
敵のヴィヴァス(両側のサイドバックをこなす器用な人)がレッド退場。
え?ラッキー?
10人のチームを相手にしてサイド攻撃なんてチマチマしたことなんてできない。中央突破に変更。
キラメッシの単独突破で1点取られたけど、ビアトリって誰?マリオーニって誰?で得点して、
2-1で勝利。

ちなみに、敵2チームともキーパーはカリッソ白。カリッソは優良白だけど、、「リベロ」でしょ?
中央突破には強いだろうけど、クロスに弱い、ミドルに弱い、、、、
どうなん?
うちのレオフランコ(天蓋)もアルゼンチン人ですから、ちなみに。


予選3:対COM リヨン
COMとの対戦は、中央突破で確実に勝利。
2-0
これで予選通過。帰りたいけどマナーとして帰るわけにはいかない。。。
500円追加。もったいないなぁ。


準決勝:対人
なんと敵も全白。しかも51:49で優勢!
逆にプレッシャー。。
敵はFWのスミスががんばっている。彼は確かに「がんばりやさん」でよく動くが、動くわりには効果が少ないように感じるのは気のせい?
でも、敵のサビオラが先制。。
しかし、うちのビアトリも…?

ビアトリは、PKを失敗したりして、、おい!
しかし、そのこぼれ球をアンデルソンがシュート!
さらにアグエロも自己アピール。
無事に2-1で勝利。
戦力比で勝っている相手には負けたくないよね。

帰ろうと思ったのに決勝かよ、となると欲が出てくる。が…

もうひとつの準決勝はPKをやってる。予選で僕が引き分けた白アルゼンチンと、もうひとつのチームは、、、、キーパーはブッフォンだ。
結果は、ブッフォンの圧勝。


決勝:対人
そっちはPKでギリ勝ちでしょ?
こっちは2-1で勝利だからね、エッヘン。
そんな気持ちで敵のメンバーを見たら…

ペレ、ロベルトカルロスLE、そしてブッフォン、、

すまない。すまない。すまない。
当然劣勢、というか、敵は下級のカップ戦を全部取ってる。しかしICCは取ってない。
こんなチームに、準決勝でPK戦にまでもつれた白アルゼンチンを褒めるよ。

しかし、試合は意外と拮抗。ペレをマテラッティ(白)が止めちゃう。頭突きはしないけど、止めちゃう。
予選の間に「A」になったパワーディフェンスがかなり機能している感じ。
少なくともマテラッティが1:1で抜かれたとこを見たことがない。
ただし、引き付けられてパスで交わされることはある。
しかし、そこに待ち受けるプラニュス。特技インターセプト。しかもBC連携。
この二人のセンターバックは鉄板だろ。
おかげでピケさんの出番がない。サムエルがスーパーサブになってしまってる。

しかし、こちらも攻めるスキがない。7人でしっかりと守る。
攻めはイグアインの右ウイング。3回くらいクロスを上げたが、ひとりぼっちのマリオーニが完璧にマークされてシュートできず。

で前半は0-0。

後半開始早々、とんでもないことが。
ハーフライン近くで味方のファウル。敵のフリーキック。
選手がハーフライン位置にいるくらいの遠いフリーキックなので、気楽な気持ちで眺めていたら、、

なんだか、ものすごい長い助走なんですけど。
でもって、蹴るときのアクションが違う。。。

そしてボールは、イチローのレーザービームのように、ゴールへ。
何これ?
これが噂のロベルトカルロス?ずるすぎる。。
こいつ一人いれば、必ず1点取れるじゃん。
高値がつく理由も分かるが、、、、ゲームバランス無視か?

先取点を取られたので、取り返すためのメンバーチェンジ。
ロベカルの得点シーンを流している間に、こっちは急いで選手交代。
3ボランチを2ボランチにして、4人で攻める。FWを3枚にする。

MFアフェライ → FWビアトリ
FWマリオーニ → FWアグエロ

センターバックも、疲れたプラニュス→元気なピケに交代。
ここというときのピケの安心感。

しかし、イグアインのクロスがことごとくクリアされる。
時間がないので、人目を気にせず中央突破へ変更。

  Bビアトリ
Cアグエロ Cイグアイン
  Bアンデルソン

中央に4人をぎゅうぎゅうに並べて、KPはアグエロの「シュート重視」。
これで、あとは赤いボタンを押すゲーム。

そして、ロスタイム。
イグアインの「無理シュー」炸裂!
1-1で終了。

PK戦。まさか勝つわけないんだけどね、、でもPK戦。

こっちが二人つづけて、敵ブッフォンの体に当てたけどゴール。
これって「確変」でしょ?勝っちゃう雰囲気?

しかし、ビアトリがまたしても失敗。
テクニックが低いから…
この点だけはパラが正直だ。
でも、レオフランコが二つ止めて、なんとなんと、、

勝っちゃった。

初のICC勝利。
WCCF人生初の、☆がついた。
しかも対人ばっかり、、、。

俺強い?
じゃなくて、
①BC連携がいいのでは?
②マテラッティ+プラニュスが壁
③それともイグアインの右ウイング
④やっぱりビアトリ、それともマリオーニ



「WCCFの調子がいいと、子供の体調が悪い」というジンクスがある。
帰宅すると、長女がやっぱり発熱。。。。

悩ましい。
[PR]

by akogarehotel | 2010-06-04 17:57 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年6月4日(金) 平成22年6月2日(水) >>