平成22年7月17日(土)

平成22年7月17日(土)

連休初日。
長男の幼稚園の友達家族とキャンプへ。

とはいえ、、、

長男の友達は二人、その二人ともが「お父さんは仕事のため不参加」。
おいおい。。
うちは、僕が参加するとはいえ、子供がもう一人、うるさい2歳児が参加。
子供4人、大人4人のキャンプ。
そのうち、男手は一人。おいおい。。。

しかも、僕自身も仕事なので、終わり次第急いで駆けつける。


群馬県沼田にある「星の振る森」キャンプ場

テントなどのキャンプ用品をすべて貸し出してくれる。さらにコテージも借りられるので、緊急の場合に避難もできる。
という、便利さから選んだのだが、、

そもそも、子供4人、大人4人が無理設定。
4:4のマッチングをしながら、バーベキューの用意とか、コテージの掃除とか不可能。
どこかで1:4を作ってくれれば、残りの3人がなんとかできるが、
2歳児こみで、4人の子供を一緒に遊ばせるのは無理!

高機動の幼稚園児3人はほぼ放り投げ。無視。
一人くらいいなくなっても全然不思議じゃない。。。


とか、本当はそんなことよりも天気のほうが心配なんだけど…
世の中的に大雨警報の時期。九州や山陰では事故多発。
で、実際にここも、「道路崩落のため迂回路」を通ってきた。
迂回路自体も崖崩れがあったりして。
大丈夫なの?

夕方までは天気がなんとか。
コテージの屋根の下で、やっとこ準備したバーベキュー。
しかし、食べさせるのも大戦争。
4人の子供がいれば、自宅だって大変だから。
自分が食べる余裕なんてあるわけない。

なんてことをしていたら、いきなり大雨。
雨、じゃなくて、大雨。
星の降る森じゃなくて、大雨の降る森。

そして雷。
テントを見捨てて、コテージへ避難。
そしたら、落雷でコテージ停電!

キャンプなんだから電気があることがおかしいけど、人間って、あるはずのものがなくなると困ってしまう。
ぬるく育てられすぎ。

そんな状況でまともな夜になるわけない。

実はコテージにはゲジゲジなどの虫がうじゃうじゃ。
そいつらを最低限に片付けて、なんとか寝る場所だけ確保。
最初は、ゲジゲジを1匹見つけただけで驚いたけど、そのうち慣れてきた。
だって、(誇張ではなく)100匹は見つけたから。


サハラ砂漠の石の家で寝たときはそんな虫なんかいなかった。
虫もすめない環境だから。
日本は湿気があるから虫が多い。


そんな状況なので、歯磨きとかお風呂とか完璧に無理。
汗ビッショリかいて、あげくに雨と虫で汚れたままで、そのまま。
子供も親もそのまま睡眠。

ここまでする必要があるのか?

バーベキューはそのまま放置。明日の朝、明るくなってから片付ける。
朝食の用意も考えると、ブルーノ。。。。

むし熱ーーーいコテージで、ゲジゲジにおびえながら、おやすみなさい。
[PR]

by akogarehotel | 2010-07-21 13:42 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年7月18日(日) 平成22年7月16日(金) >>