平成22年8月28日(土)

平成22年8月28日(土)


朝から仕事が大忙し。
季節外れの2時間待ち。なぜ?
先週の土曜日は待ち時間ゼロだったのに。
すまない。

そんな忙しい仕事を、忙しく放り投げたあとは、大イベントが待ち受けている。

キャンプ。。。。

仕事を終えて、急いで赤城山へ向かう。
長男は午前中のうちに幼稚園の友達と出発している。

毎年行われる幼稚園主催のキャンプ。
(大嫌い。キャンプが嫌い、じゃなくて、この企画が大嫌い。。)
赤城山の中腹にある「国立赤城青少年交流の家」とかいうところで1泊する。
幼稚園児に自然と触れ合わせる、というのが目的だけど…

実際、幼稚園児とキャンプに行って、食事などの大雑用は誰がするの?
幼稚園児がそんなこと手伝うわけない。
すべて大人の仕事。
テントや就寝具の準備、食事の準備、片付け、お風呂、、
自分のぶんだけなら喜んで受け持つけど、
走り回って、遊びまわって、押さえ切れない子供達のぶんまでなんて、、、
文明がそろっている自宅でなら、それも可能。
でも、こんな山奥では、、、

とりあえず、子供に食べさせる。
とりあえず、子供にシャワーを浴びさせる。
とりあえず、子供に毛布をかけて寝かせる。
とりあえず、子供用の飲料水をキープする。
以上。

自分のことは不可能。

このキャンプの目的は、間違いなく、
「大人を鍛えること」だと思う。

去年は家族全員4人で参加。
しかし、今回は妻が仕事のために、長女は家で留守番。
僕と長男だけで参加。

ま、虫が好きな世代なので、本人たちはそこそこ楽しんでいる様子。
くわがた、バッタなんてのが、売るほどいるからね。
でも、うちの子はクモが一番好きだそうです。。。。

で、「おふろが、いや」という理由で、「今度は、もういいや」だそうです。
果てしなく同感!


子供の食べ残したカレーとやきそばを食べて、
自分のシャワーは省略して、
虫がいるテントで寝る。
しかし、先日のキャンプよりは虫が少ない。これは夜がかなり冷えるため。

といことで、寝る頃は蒸し暑くて寝られないような気温と湿度だったのに、
真夜中過ぎにはゾクゾク冷え始める。
長袖に着替えて、毛布を思い切りかぶって寝る。
もちろん、それでも風邪をひく…
だって、汗ビッショリから長袖毛布への気温の落差があまりにも大きすぎる。


親同士の交流のため?
そんなのいらねぇんじゃね?
[PR]

by akogarehotel | 2010-08-30 18:18 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年8月29日(日) 平成22年8月27日(金) >>