平成22年9月17日(金)

平成22年9月17日(金)


寒くなったので激務復活。
調子悪い人ばかり、しかも少数精鋭。30分も40分もかかるお客さんが多く、忙しいわりに実入りが少ない。。。。
30分かけても、3分で済んでも料金は同じだから。


昼は、たったの3クレだけ。
なんと、またまたチャントロに遭遇。もうどのチームも必要ない。
今の本気チームでフレンドリーはプレイしたくないので、新チーム立ち上げ。

先日から妄想ばかりしていた「セルヒオラモスチーム」

言い換えると、

「5バックと見せかけて実は3バック片攻めチーム」

☆☆☆☆①☆☆☆②☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★④★★★★★★
★★★③★★★★★⑤★★★
☆⑥☆⑦☆☆⑧☆☆⑨☆⑩☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★★★⑪★★★★★★

FW
① ●ファンペルシーI
② ●メッシK
MF
③ バネガF
④ ●メンディエタA(アザーサイド「B」)
⑤ ソングF
DF
⑥ ●カプデビラA(サイド支配)
⑦ デミチェリスA
⑧ ブムソンF
⑨ アルビオルD(パワーDF「S」)
⑩ ●セルヒオラモス(サイド支配)
GK
⑪ カリッソJ

⑫ FWファルカオガルシアL
⑬ MFシッソコF
⑭ DFジュアンF(アザーサイド)
⑮ DFモレッティF
⑯ DFブルディッソF


もちろん、両サイドバックの配置を上下させて攻撃する。
たとえば、↓


☆☆☆☆①☆☆☆②☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
⑥★★★★★★★★★★★★
★★★★★★④★★★★★★
★★★③★★★★★⑤★★★
☆◎☆⑦☆☆⑧☆☆⑨☆⑩☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★★★⑪★★★★★★

左SBのカプデビラを上げてみると、、
ついでにKPに設定すると、、、
これで「片攻め」をやってくれる。
ひたすら左サイドから攻める。

左コーナー付近に①ファンペルシー、③バネガ、⑥カプデビラがうろうろして、誰かがクロスを上げる。
しかし、待ち受けるのが、、、

身長169cmのメッシ。
いかにアルゼンチンの至宝でもヘディング勝負は悲しすぎる…

ま、点数にはならないけど、形にはなる。

メッシじゃなくて、グループKのハイタワーにすればいいじゃん?
話題のビアホフ?
今回はメッシを使いたいんです!仕方ない。

ちなみに、同じ要領で右サイド片攻めも可能。
右の場合は、セルヒオラモスのクロス、またはメッシのカットイン、という2種類の攻撃が可能。
しかし、同じく、クロスを受けるのはガラスのファンペルシー。ヘッディングに自信があるとはいえないところがつらい。


たった3クレだけ。
でも問題が多数発覚。
・FWが足りない。ファンペルシーが黒でもスタミナ切れる。ファルカオガルシアもフル稼働。
・MFメンディエタがイマイチ。
・そもそも「アザーサイド」がイマニ。
・DFもギリギリ。ブムソンが意外と疲れる。
・SBが余る。二人とも意外と疲れない。「アザーサイド」のジュアンの出番がない。

などあるが、最大の問題は、、

ファンペルシーが弟子!

前回ICから着いてきた。当然、ダブル覚醒。。。。
機嫌の直しようがない。
弟子のくせに常に緑色。

まじで、いったん解雇しようか考え中。☆ゼロでもいいから、赤い顔をしてくれたほうがマシな気がする。

ま、今回のコンセプトが、
0809ファンペルシーのすごさを知ること
なので、ダブル覚醒必須といえば必須だから…
[PR]

by akogarehotel | 2010-09-18 13:05 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年9月18日(土) 平成22年9月16日(木) >>