平成22年10月6日(水) WCCF 主夫

平成22年10月6日(水) WCCF 主夫


というわけで台所で食器を洗っていると、、、
なんだかあちこちに水が飛び出す。
いつのまにかシャツまでびっしょり。。。

たぶん、、

俺には狭すぎるんだよ、この世界が。

または、

うーん、当たりが激しすぎたようです。



というわけで、ポケモンの紙工作の本なんかを買ったりして。

この本を買うとき、長男が、

「お父さんが大変だね、作るの。
この本でいいの?」

なんて聞いてきやがった。こいつ。

しかし、意外と簡単な工作ばかりで、実際は5歳児でも製作可能。長男が勝手に自分で作って楽しそうにしている。が、

長男「あー、いっぱい作った。大変だったよ。がんばったよ。」

なぜに買う?




というわけで、
タバコを全く吸わない自分としては、全然予知できなかったが、

10月1日から禁煙外来が大流行。
あちこちで「禁煙薬」が品切れ状態。
チャンピックスというかっこいい名前だが、、

ファイザーの株を買っておけばよかったぁぁっぁぁ

ちなみに、ファイザーは、あの「立つ薬」も製薬販売しています。



WCCFはちょっとだけ。

どうしてもフレンドリーがやりたくて。

FM △ 0-0
FM ○
FM ○

なんと、、いきなり引き分け。ただでさえもったいない任期が。。。。
その後の2勝で、

・メンディエタ-ファンペルシー:黄金連携
・メッシ:特殊覚醒

90試合めにして、やっとか?という感じ。
フレンドリーをほとんどしていなかったので。
この黄金連携が6本目。

これで、
メンディエタ→ファンペルシー→セルヒオラモス→ビアホフ
とジグザグ黄金。

え?メッシは?
一応、メッシ→ファンペルシー、メッシ→セルヒオラモスも黄金。

ちなみに、もう一本は、
ブムソン-デミチェリス

一般的には必要ないと言われているようだが、
個人的にひそかに期待しているのが、メッシの特殊覚醒。
六角形はBレベルなので、特殊★がいくつ増えても関係ない、と本には書いてある。

でも、覚醒すればなんかありそうじゃん?

ていうか、ミーティングでリーチコメントが出たら、和がりたいじゃん?


ついでに、WTを2戦だけ。

前半を中央突破。後半をサイド攻撃にすることにした。前半で敵のDF、要するにプジョル、常にプジョル、だいたいプジョル、を疲れさせて、後半はサイドからクロス攻撃。

で、

WT ○ 2-0
おっ?!
めずらしく完全勝利。
前半、中央突破で1点、後半、クロスから1点。

WT △ 1-1
おおっ?!
前半スペインのミドルの得意な人(名前忘れた有名人)に、あっさりとミドルで先制されて。
でも後半40分過ぎに、サイド攻撃なのにごちゃごちゃしたところから、なんとセルヒオラモスの得点。
カットインしてきた。すげぇな、おい。
日記でのチーム呼称を「セルヒオラモスチーム」に戻しましょう。

PK戦。
4人目までで、なんと2-2。はずしすぎ、お互い。

当家の5人目はファンペルシー。
やはり、ポリシーとして彼を除外するわけにはいかない。

けど、、


はずした…

次からポリシー捨てる。

その時点で完全にあきらめたが、なんとカリッソが敵を止めてくれて、
さらに7人目も止めて勝利!

ラッキーすぎる。



これで2連勝。その確率は、

0.5×0.4=0.2

発動率20%の動員が発動したようなものかな。

あと3連勝するには、
0.5×0.5×0.5=0.125
12%の幸運でいいのか?

いや、もちろん、実力が5分の人と対戦した場合のことなので…
[PR]

by akogarehotel | 2010-10-07 08:36 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年10月7日(木) WCCF 平成22年10月5日(火) W... >>