平成22年10月27日(水) WCCF

平成22年10月27日(水) WCCF


f0131183_554444.jpg



ということで、ICC優勝。

U79ガチチーム:

24戦23勝1分
(対人3戦3勝)

キングス優勝(対人)
NS(COM)
ICC(COM)
プレシーズン(COM)

1部リーグ、2勝、暫定2位

唯一の引き分けは、ICCの予選リーグ。COMに2-2で引き分け。
決勝はそのチームと再戦して3-0で楽勝。もったいなかったかぁ。

1部リーグで2連勝したのがうれしい。
まぁまぁ?
いえいえ、できすぎ君。


まだまだ補正の真っ最中だけど、少なくとも前回のU79アルゼンチンよりは、よほど強い。
かなり強い。
このままガチも楽勝じゃん!とは言えないけど、、、


とりあえず、CFに黒3枚が大正解のようだ。

●CF Eパレルモ (ラインブレイク)
●CF Eバティストゥータ (スペースメイキング)
●CF Iヴリーザス (ラインブレイク)


本当は、サイド攻撃しかしないはずのチームなので、
 CF1人+左右WG 
の3FWで攻撃するはずだったけど、、、、

COMと戦うときは中央突破が原則なので、
 CF2人+トップ下
の組み合わせにしたら、得点力爆発!

ラインブレイクとスペースメイキングが理論的に相性がいいから?
総パラが低いチームなので、黒が目立つようになっているから?


一応、サイド攻撃も含みつつ、あまり慣れてないワントップ(↓)なんてのも試したりして、、
これでも3人が3人ともがんばってくれる。
FW3人、大絶賛!
コマンドがたりません。

☆☆☆☆①☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
②★★★③★★★④
★★★★★★★★★

①CF:誰でもOK
②左:ダトロ、またはデチェリエ
③中:デヨング、またはデチェリエ
④右:エルナンデス、またはデヨング


で、そのFWを引き立たせる陰の立役者が、、、

 トップ下もWGもできるスーパーマン


f0131183_5172512.jpg


0809デチェリエ、イタリア人、ユベントス、DF
「サイドエリア支配」

これまでハイタワーチームの左WGで、ダトロの控えで使っていたが、、、
パラを眺めていたら、、

トップ下の選手と同じようなパラ?

てことで、冗談半分でトップ下起用。

そしたら、化けた。
というか、最初からウイングでも大活躍だったので、「化けた」というのは不正確で。。

本職がDFなのでガンガンボールを追いかける。
テクニックがやや低めだが、ウイング適正もあるのでパラ以上に正確なパスが出せるらしい。
周辺にグループEの選手(パレルモ、バティ、ルイコスタ、ダトロ)を固めれば、より正確なパスを、しかもダイレクトで出してくれる。

お前、本当にディフェンダーか??

もちろん、DF陣が疲れたときは左SBも担当してくれる。
スタミナが低め(13)だけど、トップ下だとほとんどドリブルをしないので、1試合全然OK。
(ウイングやSBだと途中交代)

おそらく1部やプレミアでも通用する選手。
補正が切れても大丈夫な感覚。

おかげで、トップ下要員が3人もできがった。
 デチェリエ
 デヨング
 そして、
 ルイコスタ

デヨングもとても優秀な選手なので、ルイコスタの出番がない!
なので、パラ的には無理っぽいけど、ルイコスタをボランチに下げて使用してみた。

そしたら、、、化けた。

正確には…以下同文。

パラからは想像もつかないくらいに、ルイコスタがボールを追いかける。
ボールを奪えば、テクニック18の技術で前線へダイレクトパス。
 Eルイコスタ→Hデチェリエ→Eバティ

ショートカウンターを発動してなくとも、わずか3秒でシュートチャンス。

ルイコスタはまだ☆2
早く3つにしたい。

というか、育てたい選手ばっかり。

もちろん、デヨングも絶賛。
右ウイングでは、本職のエルナンデス以上の突破力。
トップ下で使えば、きまぐれな守備からワンツーでシュート。

「ヨーーーーーーーン、デ、ヨーーーング」

とういプチ特殊実況が楽しすぎる。




しかし、このチームをまとめている本当の影の立役者は、、

●G ミヤモトツネヤス (ワイドカバー)
●E ドニ (リベロキーパー)

の2人なんだけどね。



今の悩みは、50試合までに誰を育てるか。

優秀な選手ばかりなので悩ましい。
KPも、パワーDF、ワイドカバー、アンチファンタ、インターセプト、ラインブレイク、サイド支配、DFダイナモ、クロス重視、そしてショートカウンター。悩ましい。。。
[PR]

by akogarehotel | 2010-10-28 05:42 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年10月28日(木) ... 平成22年10月26日(火) ... >>