平成22年11月15日(月) WCCF

平成22年11月15日(月)

歯医者の月曜日。
診察予約時間までのわずかな時間にマトリクス。

WT、U79チーム

○ 2-1
▲ 1-1
△ 1-1

今日は真面目に4-3-3の「両サイド攻撃型」。
すると敵はだいたい5バックにする。それを確認して、両WGを中央に寄せてFW3枚の中央突破に変更するのだが、、、、

なぜか選手が言うことを聞いてくれない。
指示ボタンが変わっているのにサイド攻撃を続ける。2,3プレイして、ようやく中央突破に意識が変わるが、その頃には敵も配置を換えている。

なんなんだろ?

ま、中央を固められてもバティがこじあけてくれるけど、、
まさに「スペースメイキング」で、バティがパレルモへ超絶のスルーパス。
「ラインブレイク」のパレルモの動きも同調しているのでしょう。

こんなのを見せられると、サイドよりも中央を狙いたくなってしまうのが人間の佐賀。


1戦目は、敵に先制されたが、地道にサイド地蔵。
右WGエルナンデスが大活躍。敵が4バックなら止められない。ヴリーザス、パレルモがクロスを受けて得点。
2-1の逆転勝利。


2戦目は中央からバティのアシストで先制。
そのまま逃げ切れるつもりだったが、、、
終盤に同点。監督のせい。U79でスタミナがむずかしいとはいえ、、、
エジカルロスとミヤモトが疲れたときの対応が問題。
5バックにはしたくない、なんていう悪いこだわり。
PKは誰がはずしたか忘れた。


3戦目も全くのリプレイ。
先制して逃げ切れる予定だったが、、。
カードの置き間違いで、ミヤモトとエジカルロスが後半からの出場だったにも関わらず…
終盤ギリギリに失点。なぜ。。。。
PKはFWデヨングがはずしたが、ドニもがんばって勝利。

FWだからってPKが得意とは限らないんね。
FWパレルモ、FWヴリーザス、MFルイコスタは「PKが苦手」な設定なので最近は蹴らせてない。
一方、そこそこの確率でPKを決めてくれるのが、MFエルナンデス、FWダトロ、MFルシウス、DFコモット。
そしてバティ。
やはりFWバティは頼りになる男だ。




長男と、明日の朝から早起きしてマラソンすることを約束した。
1週間つづいたら、任意のポケモンパックを買ってあげることにしたら、、

長男の顔が「赤色」になった。

選手はやる気充分です。

そして、夜遅くまで「どのパックを買ってもらおうかなぁ」と、攻略サイトを眺めていた。。。
[PR]

by akogarehotel | 2010-11-16 04:28 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年11月16日(水) ... 平成22年11月14日(日)W... >>