平成22年11月21日(日) こどもの国 戦国大戦

平成22年11月21日(日) こどもの国 戦国大戦

奇跡的に、季節外れに晴れ渡った日曜日。

こどもの国(群馬県太田市)へ。

水戸の友達家族と現地集合。こっちからは30分。あっちからは1時間半。
ちょっと遠くてゴメン。
でも、そのぶん、絶賛すべき公園だから。

ここは、かの有名な国民的スポーツ「競輪」の売上金のごく一部、すずめの涙くらいの寄付金をもとに運営されている公営の公園。

巨大な丘陵の中に、
・自転車をつかった遊具ゾーン(無料)
・サマーボブスレー(有料)
・アスレチック(無料)
・超広大グランド
・幼児用巨大公園
などなどがあり、天気さえよければ一日では遊びきれない。


自転車遊具ゾーンには、変り種自転車がある。2歳児でも乗れる自転車が多数。
しかし、こぐのは親。
30分で200円、乗り放題。かなりのトレーニング。
自転車式電車もある。子供を3人乗せて、こぐのは僕一人。4人合計500円で一周。うれしいトレーニング。
自転車モノレールもある。同じく1周300円。爽快なトレーニング。

るなぱあくほどではないが、高額ではない。
1家族1000円で充実して遊べる。

その後は、公園ゾーンでひたすら遊び。もちろん、無料。
砂場やら滑り台やら。
小学生の子供がいればアスレチックで何時間でも遊べる。
本当に、「これが無料で申し訳ない」と思う。
だから?太田近辺の外人が多数終結。どこの国か分からない言葉があちこちから聞こえたりする。
(ポルトガル語かスペイン語のどちらかですけどね。つまり南米系。)


混雑する食堂でなんとか食べられたあとは、アスレチックゾーンにある「ふわふわドーム」。
ひょうたん型の空気でふくらませたドームの上を子供達が「大暴れ」する。
楽しいらしいね。そりゃそうだろう。
止めなければ永遠にぴょンぴょンはねている。
多分、体が分解するまではねている。
適当な時間を見計らってドクターストップ。赤ボタン。

あとは芝生を駆け回り、午後まで遊びつくす。

水戸から1時間半かけて来た甲斐があったそうです。


帰りは車に乗ったとたんに熟睡する子供。
運転している自分でさえ、眠くなるくらいに疲れた。。。

夜。高崎チャンスだったが、眠くて無理。
遊びつかれた。。。。




長男とランニングを始めて、あと1日で約束の「1週間」。
ポケモンのパックを約束どおり買ってあげるが、、、

ミュウの「古いほう」がいい

と言う。2種類以上ある場合は、新しいほうがパラはいいのだが、その理由は

「古いミュウは『ぼうぎょ』が増える。あたらしいミュウは『こうげき』が増える。『ぼうぎょ』がふえるほうがいい」

通訳すると、
「古いバージョンのディフェンスダイナモのほうがいいな」

一人前な!





戦国大戦は、まだ2クレしかやってないが、排出カードのリストを見たりして、、、

エグザムライって、なんだよ!
一気にやる気減退。
一瞬、実在した武将かと思った自分を恥じる。

でも、長野業政とか上泉信綱がSRなので、ちょっと見直してやる。
というか、SR大乱発じゃない?
SRの上にSSがあるから、どんどん増やしてるのかもしれないけど、

SR真田幸隆って、あり?

幸隆は煽動だからいいのであって、それ以外は何に役立つの?戦国大戦では「火計」ですが。
というか、1560年の時代設定なので、真田幸村(あるいは真田昌幸も)が登場しない。真田ファンへの見返りとして、
ごめんなさい、幸隆をSRにするから許して、って感じ?

煽動のない幸隆なんて、香宗我部と同じ扱いなのに。



と、信長を思い出している。
[PR]

by akogarehotel | 2010-11-22 18:15 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年11月22日(月) 平成22年11月20日(土) ... >>