平成22年11月28日(日) 温水プール ジャパンカップ

平成22年11月28日(日) 温水プール ジャパンカップ


休みのたびに天気がいい。これこそラッキー。

家族4人で温水プールへ。


六供温水プール。

前橋のゴミを燃やしたエネルギーで運営している市立プール。
熱エネルギーが捨てるほどあるから、全てが温かく、そして公立なので安い。

大人200円、子供100円。

メインは1周300mくらいの流れるプール。さらに幼児用のプールと練習用の25mプール。そして3階の高さから滑り降りるスライダーが3つ。
これらが全部室内。
捨てるはずのエネルギーを使えばいいのだから、暖房料金なんて関係なし。水も温かく、幼児用プールはなんと36度の安心設定。

それでこの金額だから夏は大混雑。流れるプールで大の字になるのがむずかしいくらい。
しかし、冬は、、、なぜこんなにすいているの?

夏の1割くらいの混雑度だ。日曜なのに。晴天なのに。


長男が夏に来たときは水面が唇あたりの高さにあった。
それが今日は、顎の高さ。
もちろん、プールが浅くなったのではなく身長が伸びた。うれしいねぇ。
で、この高さだと「足がつく」。長男は浮き輪をはずして、ひたすら背伸び。ひたすらぴょんぴょん。何度も顔に水をかぶるけど、それを苦にせず楽しんでいる。
うれしいねぇ。

妻は、長男に早く泳げるようになってもらいたいらしい。でも、この状態なら、あとは時間の問題じゃない?年中でこれなら十分。
僕だって泳げるようになったのは幼稚園の年長だったから。

長女は当然、浮き輪。そして、大喜び。
最近の長女の口癖は、どこで覚えたのか、、

「うーん、サイコー」

そして、それをもじって、

「うーん、サイコロ!」

と言って笑わせる。どこでそんなセンスをもらったのか。
この日も「サイコロ」の連発。


帰りたがらない子供達をだましだまして、たったの1時間でプールは終了。
そうしないと体が壊れるから。

お昼は、「どらえもんのレストラン」。
いわゆるココスのこと。日曜なので大混雑。
夢庵よりもここが混む理由は、長男によると、

「だって、お子様ゼリーがおいしいから」

らしい。
色鉛筆と塗り絵が子供全員に貸し出されるから、じゃないのかな?


楽しく疲れたので午後は休憩。
と言いたいところだが、、長男は昼寝しない。
そのまま一日、なんだかんだで遊びとおし。その遊びに付き合いとおし。




めずらしく競馬のお話。

ジャパンカップ!

大学の仲のよい先輩が、あのブエナビスタの一口馬主だ。
馬主歴が20年近くして初のG1馬の馬主(一口)だから、どんなにブエナビスタが稼いでも、通算では赤字だと言う、、が、、、

もちろん、今日は東京競馬場で応援したそうで、、、

でもって、結果はご存知の通り。1着入線で2着降着。
かなりガッカリしたようなメールが来た。そりゃ、そうだろうね。寒いし。

2着だってすごいじゃん!

とは言えない雰囲気だった。めざせ年度代表馬、らしいから。


で、問題なのはテレビ放送。
毎度のことなので、どうでもいいかもしれないけど、、

番組内では、ブエナビスタが先頭でゴールした時点から「ブエナビスタ勝利」で放送がすすんでいく。有馬がどう、とか年度代表馬がどう、とか。

「審議中なのでお持ちの勝馬投票券はお捨てにならないようにお願いします」

の一言すらない。
で、結果は降着。
1着が降着になるなんて珍しくもないんだからさ。あなたたちは何年間競馬番組を放送してるのかね、まったく。
(古い話だと、タヤスツヨシのダービーのときも危なかったぞ。)


だから、僕はフジテレビを見ないことにしている。


杉本清がいないなら見る価値はない。
テレビ東京(土曜担当)にしてくれればいいのに。
[PR]

by akogarehotel | 2010-11-29 18:26 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年11月29日(月)前... 平成22年11月27日(土) ... >>