平成22年12月26日(日) WCCF? ポケモンバトリオ 有馬記念

平成22年12月26日(日) WCCF?


昨夜、子供たちは遊び続けて、寝たのが11時過ぎ。そんなわけで今日は家族全員で寝坊。
9時ごろにノコノコと起き始める。
いつもは子供に起こされるくらいなので、なんという幸せ。


日曜日はポケモンの日。
週2回なので、火曜と日曜。

まだ旧バージョンのパックを排出するアカマルではなく、その隣のトイザラスへ。
隣接したところに同じゲームがあるのだから、よほどのことがない限り、誰も旧バージョンではプレイしないだろう。





なんと、子供ながらに「ポケモンの壁」

バトリオタワーの44階の敵が倒せない。
今までなら、100円で2回勝って2階上昇するのだが、、、
200円使って2回挑んだのに、2度とも負け。

しかも、勝てそうな気がしない。
2度目にはパルキア、ギラティナ、というエースを投入したのに負けた。

敵はシェイミ、ムウマージ他。超強力というわけではないのだが、、

ポケモンバトリオでは対戦前に「木の実を拾う」というステージがある。
WCCFの育成画面みたいなもの。
ここで、木の実をたくさん拾うと、次の戦闘ステージで戦闘力がアップする。
木の実を拾うためには、移動速度の速いポケモンが必要であり、ギラティナなどの大型強力ポケモンは移動速度が遅い。
さらに、紫パック(いわゆるLEやキラ)は木の実ひとつ当たりの戦闘力上昇度が低く、赤や青(いわゆるノーマルパック)で拾うほうが上昇度が大きい。

だから、紫3枚よりも、相性よく青黄紫、と混ぜ合わせる組み合わせが推奨されるのだが、、、

COMは木の実を拾うのがうまい。そりゃ自動だからね。

幼稚園児にそこまでは無理だ。
このゲームの適応年齢は、一応小学生ってなってるし。


せめて、敵ポケモンとの相性だけでも考えないと、何度戦っても勝てない。

44階の敵は「飛行ポケモン」ということがわかっている。
次は飛行に強い「電気」か「氷」ポケモンで戦えばいい。


と思っているのに、当日になると忘れちゃうんだよね、幼稚園生だから。





午後、ひょんなことで時間があいた。

マトリクスへ1時間。

もちろん、WCCF。

EPC ▲ 0-0 対人
FM ● 0-2
FM △ 1-1
RLP ○ 2-1

悲しい。
FMのCOMに勝てない。
そりゃ、COMとはいえジダンとかいたりするんだけど、、、

EPCは人間5人参加。1回戦から対人戦。
0-0でPK負け。
ちなみに、その人は準決勝でCOMにPK負け。
決勝もそのCOMがPK勝ちして、人間5人のEPCはCOMの優勝。

ふーん。

トゥラランを覚醒させるはずだったFMを2回失敗。
次のレギュラーリーグも、1-0で勝っていたのに追いつかれる。
ロスタイムでギリ勝利したけど、、、

ドリブル嗜好には、もうウンザリ。
トライアングルパス、ミックスパスにしても、今日は変化がなかった。。。
支配震撼で連携太線だらけなのに。。。


これ以上、続けるとカードを折りそうになるので撤退。
潔く帰ろう。


有馬記念もあるから。




有馬記念。

みんなの投資額を合計して30万円。
スゴイ金額だけど、「GIを1レースあたり3000円、1年間、6人分、その回収額の合計。」
GIに投資せずに、単に貯めておいたほうが高額であることは秘密。

で、30万円分の馬券の内訳は、、、


みんなで相談した結果、
ブエナヴィスタが勝てば馬主の先輩は大もうけなので、優勝にはこだわらない。

①ヴィクトワールピサの単勝5万円
②1-7を馬連で4万円
ほかは3連単などいろいろ。

結果は、

負けて悔しいハナ差の2着(ブエナヴィスタ)。

馬券的には当たったけど、仲間内では残念気分。

でも30万円分の馬券は、なんと、、、、64万円になった。

この企画始まって以来のプラス決算。
20年目にして初のプラス決算。

じゃぁ、今まではどれだけ損してる?
どれだけ貢いだんだ??
[PR]

by akogarehotel | 2010-12-27 06:54 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成22年12月27日(月)  平成22年12月25日(土) ... >>