平成23年1月9日(日) たんばらスキーパーク

平成23年1月9日(日) たんばらスキーパーク

幼稚園のいつもの友達(竜君)一家とスキー場へ雪遊びに。

当初、舞子(新潟県石打)へ行く予定だったが、あまりにも天気が悪そうだったので、たんばらスキーパーク(群馬県沼田)へ変更。

新潟県には素晴らしいスキー場がいくつもあるが、基本的に天気が悪い。
冬の東北(新潟は東北じゃないけど、光栄的には東北。)は現実も90%雪。
舞子は子供用に広々とした休憩室があり、かなり魅力的なのだが、春スキーまで我慢しよう。

群馬のスキー場は、三国峠を越えるぶん晴天率が高い。そのぶん、風が強く乾燥して粉雪になる。
粉雪はスキーヤーにとっては歓迎かもしれないけど、混雑するスキー場ではすぐにアイスバーンになるし、何より子供にとっては、

「雪だるまが作れなーーーい!」

でも、天気を優先して沼田へ決定。


朝9時過ぎに家を出て、高速に乗った途端に渋滞。想定内。
ノロノロとはいえ、30分弱で沼田インターへ到着。
「沼田インターからすぐ」という宣伝文句なのだが、、、全然。
インターから19kmもあるし、スキー場に近づくと、なんと、、渋滞!

最近、スキーブーム(スノーボード含む)が最低限に落ち込んでいるため、スキー場直前で渋滞することなんて皆無になったのに、、
さすが連休。地元経済にとってはハッピーマンデーも悪くはない。

で、スキー場も混雑。大混雑。
こんなに混んでいるスキー場を見たのは10年ぶりかも。
さすが連休。

ま、どんなにリフト待ちが長かろうが、子供づれには関係ないけど。。
キッズゲレンデもそこそこ混んでいるけど、広いから苦痛ではない。

雪を見て大喜びのうちの子供二人。
ここへ来る途中の路辺の雪を見て、「ここでいいよ、ここで遊ぼう」というくらいなので、一面の雪で大感激。
って、去年も来ているんだけど、、

ソリに乗ったり、雪山を掘ったり、、、
混雑の中を来てよかったと実感。

しかし、、、

数分もすると、2歳の長女は寒くなる。元気なくなる。眠くなる。
そして昼すぎから天気が悪くなり、雪も降る。
長女は限界。。。
ちょっと後悔。
でも、室内の休憩所がそれなりの設備なので、そっちへ移動。

一方、長男は友達二人で雪山と格闘。
寒さを感じる神経が麻痺したかのように、雪に埋もれて雪を掘っている。
キッズゲレンデでは飽き足らずに、近くの新雪地帯まで歩いていって、雪を掘って、、

「出られないよーー、助けてぇ、」と。。。

しかし、見ているほうはつらい。
雪が降ってきたので、動かないと寒い。
ある程度、後悔。。。


うちの子も、友達も、「臆病」。スキーはかたくなに拒否。
ま、今日は寒すぎるから、いずれ。
ちなみに、私は「スキー歴30年以上の地元民」。教えようと思えば、いつでもできるから。

午後は大雪になってきた。

「まだ帰らない!」
と、雪の中で叫ぶ子供を無理矢理車に乗せて、早めに下山。
沼田市内の日帰り温泉へ。
「ゆとり」という、おそらく全国で250件は同じ名前があるであろう温泉施設。高崎LLの近くにもある。

久しぶりにゆっくりとお風呂に入った。しあわせ。

渋滞の高速道路を遠慮して、一般道で帰宅。
それでも1時間半。
便利だね、前橋。



その夜。時間的に高崎LLが十分に可能だったが、体力的に無理。
なぜか全身筋肉痛。知らないうちに動いていたみたいだ。
[PR]

by akogarehotel | 2011-01-12 13:25 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成23年1月10日(祝月) ... 平成23年1月8日(土) 三国志 >>