停電グッズ使用感とアスベスト  平成23年4月14日(木)

停電グッズ使用感とアスベスト  平成23年4月14日(木)


使用感?ということで、
ディナターレの使用感。

KP「ワイドシュート」のとおりに、本来ウイング(左右両方)担当の選手のようだが、、、無理矢理トップ下とか、すると、
ラウル並の前線奪取力!

って、ラウルなんて使ったことないですが。




停電グッズ使用感

①手動式充電器
f0131183_20224433.jpg

レバーをぐるぐる回すと本体に充電され、懐中電灯のかわりになる。
携帯電話につないでぐるぐる回すと、携帯が充電される。
しかし、3分間まわしつづけて2分間通話可能。3分って、長いぞ。
サイズもやや大きい。今回のような被災地短期出張用ではなく、まさに本物の災害時限定品。数種のアダプタにより全ての携帯機種で使用可能。
800円。


②ソーラー充電器
f0131183_202355.jpg

5000円。今の世の中で相場が最も不安定な品物の1つ。
片手サイズだが、やや重い。13時間の日光浴で本体がフル充電される。本体フルの状態で、携帯電話に2回分フル充電できる。しかし、13時間??
サハラ砂漠なら重宝する。熱帯雨林では雨が多いのでダメかも。
電源からも普通に充電できるので、とりあえずもしもの充電池。長期派遣なら持っていくところ。
すべての機種で使用可能。

③チャージ式アダプタ
f0131183_20232359.jpg

ドコモ正規品。1800円。
最も小さく、最も安く、最も効率がいい。
アダプタという名前のくせに、こいつに充電できる。携帯フル2回分をアダプタに充電できる。いわゆる電池よりも軽いので持ち運びも簡単。短期出張にジャストフィット。念のため2つ持っていく予定。

これで信長も入力できる!


「深夜電源蓄電池」
なんていう宣伝が来た。通常のコンセントから夜間に充電しておいて(蓄電しておいて)、昼間の停電時に使用するというもの。
40×50×20cmと、ちょっと大型。8時間の充電で、パソコンを8時間使用できるという。
悪くはないね。

しかし、値段。
1つ70万円!

しかし、「業務用割引」だとかで、今なら、1つ47万円。
しかも、さらにもう1つ同じものをオマケ。(2つで47万円。)

なんなの、このベタな内容は。(^^)でも欲しいかも。



アスベストって知ってる?
アスベストって、報道されてる?

やっと新聞記事を見つけた。

「南三陸の倒壊したガソリンスタンドからアスベスト」

阪神大震災のときに瓦礫を撤去してた職員がアスベストのために中皮腫(アスベスト性肺癌)になり労災認定されている。
今回の震災でも当然予期できることだが、ほとんど報道されてない。
アスベストが禁止されたのは2006年。それ以前に建築された建物にはアスベストが使用されているはず。東北の山村なんて、古い建物ばかりでしょ?

川崎で「福島県からのゴミを川崎で処理することに反対。市民。」という記事があるが、「放射能汚染が心配」と注釈されているが、現実はアスベストのほうが何倍も危ない。

アスベストはいわゆる「毒ガス用のマスク」でないと防げない。ザクとかグフとかアッガイみたいなものだ。医療班がそんなマスクをしたら恥ずかしいけど、一応購入した。
だって、そのうち品切れになるから。
というか、まだ在庫があるのが信じられない。アマゾン、便利だ。

そういえば、ビーフジャーキーもアマゾンで購入した。
[PR]

by akogarehotel | 2011-04-14 20:23 | ニュースに文句言っていい? | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< また原発ニュースについて 平成... WCCFとか?選挙とか? 平成... >>