久しぶりのWCCFやりこみ  平成23年5月25日(水)

久しぶりのWCCFやりこみ  平成23年5月25日(水)


ICCを取ったので日記。ふふふふーん。

の前に、世紀末的な悲しいニュース。

『群馬のお茶から基準値超の放射性物質』
『松戸(千葉県)の地表の放射線が0.5マイクロSV』

箱根で出たのだから前橋で出ないわけがない。お茶を含めて葉っぱは危険物。

松戸の放射能が予想よりも高値なので驚いた。
松戸(千葉)の大気中放射線量はだいたい0.08マイクロSVくらいか。で、市民からの要望に応じて、市がしぶしぶ地面を測定した。幼稚園とか小学校の地面を検査した。
その結果、地面は0.5マイクロ。空中は0.08。
「大気中の放射線量は平年並みか、わずかに高め」って、さんざんNHKで言ってるのを、さすがにもう誰も信じないよね。意味がないってわかるはず。
現在は、空気と水は安全。土とホコリと葉っぱが放射性危険物。

で地面の土を測定すると大気中の線量の約5倍くらいなわけで。

でも、予想以上に高いのでガッカリ。
100時間(4日間)でレントゲン1枚分に相当。換算すると4.5ミリ/年。
関東って、こんなに汚染されてるんだ。。。

前橋の土も測定してほしいけど、結果が恐い。
やはり、逃げるのが正解だと思う。





で、現実逃避のWCCF。

全白オランダ
スナイデル以外はIKLAC限定なので、40試合めには何もしなくても全員が細線になる予定。
現在30試合消化。ほぼ全て細線。太線多数。

まず、昼。8クレ。
レギュラーリーグで気持ちよく連勝したあとに、ICC。
フレンドリーのつもりでコンティニューしたら、参加権があった。賞金10億ってのは敷居が低い。
27:73なんていう戦力比に吹き出しながら、COMと3戦。
2勝1分という意味不明な好成績。

準決勝は対人。
敵はクリカカエトゥ。36:64。
この戦力比なら負けてもあきらめがつく。それが全白を信じる理由のひとつ。
しかし、必ず補正があるであろうことも、全白を信仰する根拠。

予定通りにフェネホールナントカのヘッドで先制。しかし、後半、クリロナのずるい突破で失点。1:1でPK戦。
PK戦ではファンペルシーに蹴らせてはいけない。これ常識。
スナイデル他が全員成功。
敵はカリッソが失敗。GKが失敗なんてめずらしい。
で、勝利。ごめん。


決勝はクリロナのいるCOM。グループリーグで唯一引き分けだった相手。
戦力比はもちろん30:60くらい。
でもって、決勝も、、
クリロナがあっさり2点とか…
しかし、追いついて同点。いい感じでPK戦。
で、なぜ全員はずす?(敵COMのKPはクリロナのFK重視)
敵は全員成功。


ま、まだ30試合そこそこなので背伸びしすぎた感。



夜。懲りずに高崎LLへ。

幸運にもちょうどICCのタイミング。
今度も33:67程度の戦力比を補正で覆し、2勝1分。

準決勝はCOMバイエルン。
なんと、、、5-0の大勝利。本当はこんなことしちゃいけないのに。

決勝。
対人!と思ったら、準決勝でCOMが勝ってる。
そのCOMマンUと対戦。
まさに、相手に恵まれた。2-0楽勝。

f0131183_1756289.jpg


ぐへへっへ
全白40試合消化で☆がついた。
0809バージョンなら当たり前のことだったけど、0910バージョンでは奇跡。

その奇跡の原因は、「連携」だと思うんだけど。

↓40試合でこんな感じ。一度もラウンジを使ってない。
ちなみにフォーメーションもこんな感じ。左と中央を点等。

f0131183_17582462.jpg



個人の特性もあるのかもしれないが、選手のパス意識が明らかに高い。
KPをパス系にしなくても、パスを十分に出してくれる。敵陣をワンツーですり抜けるなんて日常茶飯事。KP「スルーパス」は大嫌いだから一度も使ったことがないのに、何度もスルーパスを連発してくれる。ドリブルしすぎてストレスがたまることがほとんどない。

やっぱ、連携でしょ?
で、そろそろコスって黄金を作ろう。


選手の話。
立ち上げ初期は白スナイデルに監督の不満爆発。もうすこしで解雇しようかと思った。しかし、☆がついて化けた。

FWは4人とも大満足。ファンペルシー、カイト、フェネホールヘッセリンク、カステレン。
全員使いたい。みんな超優良白。みんな大好き。
で、スタメンでFW4人とか使ったりしてる…
カイトとカステレンならMFでも許してくれるから。。。


そのほか、特筆すべき選手が、これ↓

f0131183_1757184.jpg


ウルビー・エマニュエルソン(L)
今年セリエへ出世したとか。
左サイドバックというか、サイドオフェンスというか、
SBなのに常にファンペルシーと同じ位置にいる。KP「スプリングリターン(サイドアップダウン)」には「攻撃していてもすぐに守備に戻る」って説明があるが、、

戻ってなんてこないんだけど。。。

しかし、そんなマイナスを考慮しても十分な活躍。ファンペルシーと太線になって、さらに一層光ってきた。カットインして得点したりして、U79とは思えない。
ま、それをカバーするボウマとかボスハールトが優秀だから、ってこともありますが。
顔CGがちょっとかわいそうだけど…
f0131183_1759876.jpg


ちなみに、我がチームの正式なCBはボウマ1人だけ。右SBライツィハー、MFボスハールト、MFファンボメルをCBとして回している。ファンボメルをCBなんてもったいない、と言われても、だってCBでも大活躍してるよ、と。
[PR]

by akogarehotel | 2011-05-26 17:56 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 放射能サーベイメーター測定とW... 箱根足柄のお茶とWCCF  平... >>