放射能解散とWCCF 平成23年6月1日(水)

放射能解散とWCCF 平成23年6月1日(水)


解散総選挙の可能性があるとか、ないとか。

国民として恥ずかしい。

宮城県知事も言っている。「国会議員のおバカさんたちは今の状態で選挙がてできるとでも思っているのか。どれだけ世の中が見えていないのか。」
(一部、意訳してあります。)
宮城県知事さんが大好きです。
ちなみに、福○とか大○とかの知事は大嫌いです。




群馬県でも市民運動のおかげで小学校の地面の放射線量を測定するようになった。

前橋、高崎、太田:0.1マイクロ/時
沼田、中之条:0.2

だいたい、こんな数値。(群馬県HPに詳細)
千葉の状況からすると予想よりも低い感じ。ま、どうせ、{校庭のど真ん中の、一番放射線量の低そうなところで測定している}とか裏技を駆使しているのだろう。
しかし、これでも年間1ミリSVの基準値ギリ。

県内でも沼田や山間部が高い。
震災以降の最初の雨の量や、風による蓄積の影響だ。


休日に山に遊びに行くのは遠慮するほうがよい。
山で栽培されるお茶から検出されるのも当然。




WCCFは想定外に調子いい。

オランダ全白。

70勝1敗10分

店内対戦しか選択しない。つまりほとんどCOM戦なので当たり前といえば当たり前だけど。
対人は3勝1敗3分くらい。ま。

しかし「調子がいい」という表現は、ゲーム内容も含めて、

0809バージョンのような雰囲気

なによりもパスが活発で通る。
0910初期のような無駄なフラグドリブルがなく、なので失点も少ない。

1.1バーアプの影響?
というよりは、やはり連携が全てなのかなぁ、と。


で、ひたすらCOMを叩き続けた結果、
あとはCTとW4を残すのみ。
しかし、一日に3クレ500円程度しか時間がないので、タイミングが合わなければ永遠に試合ができない。
PSやEPCは2回遭遇してもちろん2勝。レギュラーリーグなんてもう4回も優勝。

このままCOMを叩き続けて監督年俸を上げるのもよいが、
ここまで行くと全冠を意識する。
そろそろ試合調整が必要だね。


とすると、調整用の別チームが必要。。。

また妄想しないといけない。

ADフランス+FJアルゼンチンを準備中。
本当は、Eフランス+Gイタリア+Hブラジルがいいのだが、0910フッキと0910エスキュデが引けない。キラカンナバロとかJTとかより何倍も欲しい。でも買うのは癪。

せっかく、月野さんにFブルディッソをもらったし。
[PR]

by akogarehotel | 2011-06-02 18:12 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 競輪といえば市田様さま日記 平... 放射能サーベイメーター測定とW... >>