競輪といえば後閑信一日記 平成23年6月3日(金)

競輪といえば後閑信一日記 平成23年6月3日(金)

長いよ、心して読め。

「競輪は『社会』の縮図」


昨日の的中車券↓

f0131183_10524552.jpg


持ち歩くだけでも緊張するので、さっさと換金しよう。
ということで、今日もグリーンドームへ。


しかし、金曜日は介護審査の日。前回、インフルエンザで休んでしまっているので連続してズル休みするわけにはいかない。大人の理性。

2時に会議が終わって、急いでドームへ。到着すると、すでに9レース。
新聞を買おうと思っても、もう売ってるわけもない。売り切れたのではなく、買う人がいないので全部引き上げられてる。売り切れるほどお客はいない。
ふと見ると、予想屋の机の上に新聞が一部だけ残っている。新品の新聞だが「贈呈」とハンコが押してある業務用のようだ。でもそれを売ってくれるという。
予想屋にしてみれば不要な新聞が高く売れたのだから何も文句はない。
しかし、こちらとしては「売ってくれるはずのないもの」をたとえ定価であろうと売ってくれたのだから、内心(定価の500円は高いだろ)と思いながらも、丁寧にありがとうと言って頭をさげる。
これが社会。
これが競輪。

最近の若い者は競輪もしないから、社会のことを知らないんだ、と父親が言っていた、とか言ってないとか。

予想屋はよぼよぼのお爺ちゃん。右手が不自由なようだ。
新聞を買ったお返しに「予想」を頂いた。小さな紙切れに、
42 47 49
と書いてある。
次の9レースの車番の予想だ。

4番車は愛知の金子貴志、通称ネコタカシ。柴崎(6番車)の番手だ。
僕と好みが一致した。即、買い!
予想屋の予想なんて、これまで一度も信じたことはない。予想するのが競輪の楽しみなんだから、人の予想を買うなんて楽しみ半減。人の指示でWCCFのチームを作るようなもんだ。
だけど、この日は予想屋に礼をつくして車券を購入。これが社会。

結果は、、、
最弱の6番が逃げて番手絶好のネコ。しかし勝ちきれないところが4番車(偶数は弱い)。GPレーサー伏見に競り負けて2着。
でも②→④で2600円、的中。(1着ならもっと高かったのに)

車券総額では「たったの」1000円のプラス。
しかし、礼をつくそう。
売店で「たった」130円の菓子詰め合わせを買って、予想屋のおじいへお礼。

だけども、予想屋にとって一番の「お礼」ってなんだろう。お菓子や物をもらうこと?
それは、、次のレースの予想を買うこと、じゃないかな。それが信頼関係。それが競輪。

ということで、予想に従うつもりなんてゴミほどもないけど、予想を買ってやる。それが社会。予想代は「たったの」100円だから。

10R 15 17 18

本命ラインの①村上弟からの予想だ。⑤①⑦はライン。
(けっ、今度は本命かよ。これだから予想屋ってのは、、)と思ったのだが、


⑧は後閑信一。
僕にとって「この選手が出たら必ず買わなければいけない」たった二人の選手。それが市田と後閑。
後閑は東京に引っ越す前は前橋在住。出身校は前橋育英。マトリクスから徒歩3分。育英高生がいつもゲーセンにたむろしている。ミニスカートが人目を引く。
後閑は競輪界で最もヤクザらしい顔。
で、顔に反して、もっとも優しい男。
10年以上前の取手記念で3日とも地元落合の番手で、111で優勝。
優勝インタビューでは、ひたすら謝ってた。インタビューで「うれしい」の一言もなく、「すいません」を連発。これこそ社会。

もちろん、取手のファンに怒鳴られっぱなし。これも競輪。

群馬の選手間でトラブルがあり東京へ逃げる形で引越しした。表面上は「子供の教育上の理由」となっているが。

だから僕は後閑が大好きで、残った稲村と兵藤が嫌いなわけで。


そんな後閑は関東(神山拓)の3番手。普通なら一銭もいらない。
でも好きだから。
3番手でも自力のある選手なので(ひょっとして)あるかもしれないし。

しかも、予想屋とかぶったこともあり、、、

後閑応援復興支援車券を購入。
2車単、2車複、3車複を小銭で購入。


レースが始まったら、もちろん怒鳴る。
「後閑、群馬に帰ってきてぇっぇぇ!」



で、結果は、、、おいおい、、①→⑧→⑥

後閑ががんばった。3着とは「微差」。1センチくらい。
たぶん、俺の声援のおかげで勝った(2着だけど)。

車券は大的中。しかも「本命だろ」と思っていた配当が、、、

12500円とか。

おいおい、世の中の人は競輪を知らないのかね。
⑥番からみの3連複も万車券。
復興支援のつもりが、またまた回収してしまった。

f0131183_10531652.jpg


明日以降、全額寄付するには無理がある金額だね、これじゃ。


売店で700円の菓子詰め合わせとお茶を購入し、予想屋のおじいへプレゼントして仕事フッキ。


明日も予想屋はいるかな?



競輪は社会の縮図です。


最終レースの市田からの車券はもちろんハズレ。
これまで当たったら恐すぎる。
[PR]

by akogarehotel | 2011-06-04 10:53 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 競輪と焼肉と… 平成23年6月... 競輪といえば市田様さま日記 平... >>