アザーサイドアタックって? 平成23年7月13日(水)

アザーサイドアタックって? 平成23年7月13日(水)

何度となく心が折れそうになったが、なぜか再びアザーサイド。
なんだかセンターポストのときと同じような状況だけど、、

アザーサイドアタック
「キープレイヤーが鋭いサイドチェンジのパスを出す。」

これが全て、これで終わり。
キープレイヤーにボールが集まりやすくなるわけでもない。
鋭いパスを受け取った側がとりたてて有利になるわけでもない。
さらに言うと、
サイドチェンジのパスそのものが通りやすいわけでもない。

細線程度の連携ではサイドチェンジのパスが反対側の芝生をコロコロ転がってスローインへ、なんて場面がよくある。

確実な効果といえば、、

あまりにも早く鋭いパスなので敵が驚く。
驚いてキーパーが飛び出す。(^^)。。。
WTレベルでも、キーパーが釣られて飛び出すことが多い。

見たことがない人は、
ベッカムのアーリーを想像すると、まさにその通り。それくらいの弾丸パス。
しかし、弾丸の行き先は反対側のサイドラインなので、キーパーが飛び出したとしても得点にはなかなかつながらない。


最も困るのは、当たり前だけど、三国志的に言うと、
「効果時間が超短時間」なこと。

パス出して効果終了だから。
で、動画などを検索して見てみると、、

たいていがKP地蔵で、、、、
キープレイヤーにボールが集まることもなく、一度も発動することもなく、
なんて動画ばっかり。


要するに、活用するためには、
KPをちょこちょこと変更しないといけない。
守備的KP→アザーサイド→攻撃的KP というふうに。

それができるなら(というか蓮さんとか普通にするんだろうけど)
キープレイヤーにボールが集まる工夫さえすれば、
少なくともMFの位置あたりでなら確実にサイドチェンジをしてくれる。

でも、その高さでサイドチェンジしてくれて、なにがおいしいの?

WGの配置だと、サイドチェンジよりもクロスかカットインのほうが優先されるみたいで、ほとんどサイドチェンジしてくれない。
WG配置でやってくれないことには、僕の理想のチームにならないんだよなぁ。

ということで、両ウイングのカードの高さを調節して悪戦苦闘中。
反対側のWGを天ベタで、キープレイヤーをわずかに低く、、なんてね。↓

f0131183_1718658.jpg


あるいは完全にベタ。

f0131183_17185344.jpg


で、メンドクサイのでKPは地蔵のままだから、、、

当然、負け続ける。。



アザーサイドって、試す価値があるのでしょうか?
だって、メネズのコンビネーションプレイにしておけば楽々点が取れるのだから。


というか、白で唯一の「コンビネーションプレイ」もち。

メネズって、タファレルくらい価値があるってか?!






絆。
少佐に上がって1日で大尉に落ちた。たったの6戦。

CCCCCC
負け、負け、負け、負け、勝ち、負け

C6で落ちるの?それとも4連敗のせい?
少佐を維持するなんて私には無理です…
[PR]

by akogarehotel | 2011-07-14 17:18 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< WCCFメモ 平成23年7月1... あつはなつい日記 平成23年7... >>