放射能ニュース 平成23年10月12日(水)

放射能ニュース 平成23年10月12日(水)

WCCFのことを書こうと思ったのに、ニュースが連発したので、、


第三位!

横浜でストロンチウム

…ま、当たり前ってわけで。もっと早く検査をするべきでしょ?といっても、今回の検査発表は民間の機関だとか。
じゃぁ、国は何をやっているの!

と、みんなで文句を言おうよ、、、、どこへ?
少なくとも与党が悪い?

ストロンチウムは骨や筋肉に集中するのでセシウムよりも人体への影響が大きい。
やっぱり、日本って恐いよ。

横浜以外の関東自治体はいつ検査をするのでしょうか。。。



第二位!!

世田谷の植え込みで2マイクロSv/時

…ありえないことではないけど、どうして?
飛散したものが集積した、にしては集まりすぎている感がある。
誰かが、何かを捨てたとか、そんなことない?ボランティアで福島に行った人とか、原発で仕事をしてきた人とか、、。

で、その先の報道がおもしろい。
2マイクロSv/時というのは避難区域の飯館村と同じだそうだ。

え、飯館って、そんなに低いの?
群馬の山間部でさえ1マイクロSvの地域があるってのに。群馬が高いのか、飯館が低いのか。

さらに、NHK様が言うには(言わされているには)、、

「1年に換算しても15mSv。政府指針の被爆量の20mSv以下なので安全です。」

どこまで頭がわるいかというと、、

被爆量というのは外部被爆と、吸引による内部被爆と、飲食料による内部被爆の合計。
外部被爆だけで基準を超えないから、いいのか?
さらに、放射性物質吸引による内部被爆は測定の方法が困難。なので、「外部被爆と同量」と目安で計算することもある。

とすると、単純に倍。二倍、にばーい。

たとえ飲食料の放射性物質がゼロだとしても、もう基準値を超えてますけど。。。




第一位!!!

福島の米、すべてで放射能基準値以下。出荷可能。

…ということで、世も末。
世田谷のような地域があちこちにあるはず。とすると、食品からの被爆は、基準値がどうとかではなく、
なるべく少なく
が現実。

そもそも日本の暫定基準値500ベクレルってのは異常。
ドイツだか、チェルノブイリの10倍でしょ?

で、福島の米のなかには、「ちょうど500でギリセーフ」なんてのもあるらしい。

どんだけ?

産地不詳の米は学校給食や外食産業へ。
てことは、誰が食べるの?


「これで安心しました」
と福島の年老いた農家が言ってますが、

あなたのせいで、どれだけの子供が、、、、、、、

だから義援金とか、一切募金なんてしてないわけさ。


わずかな利点は、、これで西日本の米が品切れになることが少なくなる、ということくらいでしょうか。


世界標準の意見はこれ


2ちゃんで拾った「地図」へリンク
[PR]

by akogarehotel | 2011-10-12 20:28 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 平成23年10月13日(木)や... 父親と育児、たまに子育てられ ... >>