二本松の放射能 平成23年10月20日(木)

二本松の放射能 平成23年10月20日(木)


二本松といえば「警戒」

みなさん、御存知と思われる世紀末的なニュースを。

『福島県二本松市の米。収穫前の検査では基準値(500ベクレル/kg)を超えていたが、収穫後の検査で基準値を下回ったため、全国へ出荷。』

二本松市長「二本松の米を全国で食べていただく。こんなうれしいことはない。福島は安全です。」

二本松の農家「これで安心した。」



いわゆる、、、「タヒね」ってやつ?
本当に安全だと信じていそうなところが、、、洗脳状態。もはや世紀末。
実は、安全だなんてこれぽっちも思っていなくて、「福島の放射能を少しでも全国で分散してもらおう」だったりして。

そもそも500ベクレルって数字がチェルノブイリと比較しても大問題だし、
500がだめでも400ならいい、ってところが親方「日の丸」って感じだし、、
東京でも高濃度の地域があるんだから、これ以上、食品で1ベクレルでも被曝したくないし、、、


というニュースを2日連続で放映するNHKも問題だけどね。
というか、NHKそのものが洗脳されているのは周知の事実。

東京で(世田谷以外に)足立区や東村山で高濃度汚染地域がある、というニュースや、
狭山茶でいまだに放射能が検出され続けている、
なんてことを報道しながら、最後にまとめて、、

「関東地方の空間放射線量:北茨城以外は震災前と同じレベルです」

だそうです。誰かが何かを指図している。
しかも、これに騙される人がいたりして、、
神戸のおばあちゃんなんて「関東は放射線が少ないらしいね」なんて言ったりしている。
決して少なくなんてないですよ。

足立区の小学校は福島市と同レベルの放射能だったりするし、
荒川区なんて測定さえしてないんだから。
ま、足立荒川は東京じゃない、という意見のほうが多いかもしれないけど。

ちなみに荒川区に荒川は流れていません。区の境でもありません。へぇー。


ヤフーの表紙が一番正確なニュースが集まっているような気がします。
[PR]

by akogarehotel | 2011-10-21 11:15 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 水色、黄緑、ピンク 平成23年... 一番嫌いなCOMは?【WCCF... >>