水色、黄緑、ピンク 平成23年10月20日(木)その2

水色、黄緑、ピンク 平成23年10月20日(木)


夕食後、親子でテレビを見ながら、

長男「僕は水色が好きだから、水色を応援する!」

長女「あたし、ピンク!」

長男「黄緑はいつもおそいんだよね」

さて、何のテレビでしょう。
以下の選択肢から正しい答えを1つ選びなさい。

①プロ野球
②サッカーJリーグ
③プラレール
④ヨーロッパ
⑤ブエナヴィスタ


……

先日、スカパーでバルセロナ対プルゼニュを見た。
CLのグループリーグ。
ま、なんというか、、、、

負けたチームが「2-0なんて、よくがんばりましたね」と言われる試合。
試合前のインタビューでは「8-0で負けるかも」くらいに関係者が言っていたそうだ。
そりゃバルサは全キラ。プルゼニュなんて全白どころかU70くらい?
ゲームも現実も同じように、対人戦だから全キラが勝つのだが、、

勝ち負けが分かっている試合って、おもしろいの?

バルサは、イニエスタとメッシのワンツーワンツーワンツー365歩で先制点。
後半はメッシの突破をディフェンダーが止めたのに、その後にいたビージャが「強奪」して得点。
まるでゲームだ。。。
対するプルゼニュは、なんとシュート数、ゼロ!

見てておもしろいの?

たとえば、スペインのリーガも同じようなものでしょう?
首位がほぼ決まっているようなもので。今年はたまたま試合の組み合わせで紛れが生じたけど。。。

「美しさ」を見たい、というのなら分かる。でも「勝ち負け」を応援したい、というのは、、、
他に娯楽があったらファンが逃げていくような気がしますが、どうなんでしょうか。
それとも昔の巨人のように、強ければ景気がいい、ってことで不思議に客をひきつけるのでしょうか。小学生はわけも分からず巨人を応援していたから。


ちなみに、今年のアーセナルは全ての試合がハラハラドキドキなので、「勝ち負け」をヒヤヒヤしながら応援できます。
マンCのおかげで首位争いもおもしろそうだし。アーセナルは関係ないけど。
でもセリエのほうが、そういう意味では気にかかる。



と、サッカーのことをほとんど知らない身分での感想。
[PR]

by akogarehotel | 2011-10-21 11:16 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 石垣島日記 その1 平成23年10月 二本松の放射能 平成23年10... >>