伊東温泉競輪とポケモンバトリオ 平成23年12月13日(火)

伊東温泉競輪とポケモンバトリオ 平成23年12月13日(火)


火曜日。
競輪開催のサイクルが、また記念競輪の決勝が火曜日になるようになった。
そして前回の静岡競輪とは大違いで、豪華メンバー。
こうなったら、また群馬で一番おいしいカレーを食べにいかざるを得ない。
仕方ない。
f0131183_21255941.jpg



そういうわけで、ようするに、
市田が出るわけで。

今回は、意外と「赤い顔」のようだ。準決勝も負けるべきところを勝ち上がってきた。
常識的には、飯野の番手の渡辺一成なんだろうが、市田に本命を打っている新聞もある。
ま、飯野が初日(土曜日)に、渡辺晴智におおいに裏切られていることもあり、敵対意識と先行意欲が非常に高い。
加藤が一成に競りこまない限り楽勝だろうね。

とか考えてても、俺の車券は決まってる。
f0131183_2126171.jpg

イチダニスタ?

で、結果は、
そんなの当然。飯野が逃げて渡辺一成おめでとう。
でも、市田も準決勝と同様に内をこじあけ2着。
ありがとう。
でも本命なので、、、

カレーが高くついた。
最近、カレーの値段が高くて困るよ、本当に。

……

ポケモンバトリオとくらべると、いかにセガがユーザーに優しいか分かる。

付録EXといいながら、正規排出版と同じものを配るセガをはるかに越える悪徳商法が、バトリオブイ。


ポケモンバトリオは今年の夏にメジャーチェンジをおこなった。バトリオゼロから、バトリオブイになった。
これにより、バトリオゼロで排出されていた古いパック(WCCF的にはカードのこと)が全く使えなくなった。「使えなくはない」。ゲーム機でちゃんと認識してくれるが、スピンアタックと降臨が使えない。
{WCCFでいえば、認識するけどKPがすべて無効、なんて感じ}


当然、バトリオゼロ時代のパックは紙くず。

数千円で取引されていた色違いレックウザなんてのが、今では100円でも買い手がつかない。
うちにも古いパックが200枚近くあり、燃えるごみなのか違うのか考え中。


でも、これだけなら、ま、仕方ない、で許せたが…


バトリオは約3カ月おきにマイナーチェンジをして、新パックが排出される。
WCCF的には3カ月ごとに追加カードがでるようなものだから、それは非常にうれしい。
が、、
つい先日、3回目のマイナーチェンジがおこなわれて、3.0バージョンになったのだが、、

なんと、、

これまでの最強パックは、
トリプルレア(☆☆☆)のゼクロムやレシラムで、3000円前後の取引だった。
で、誰もがこのトリプルレアが最強と信じていたのだが、、

なんと!

「フォースレアのゼクロム、レシラム」

だそうです。☆が4つでフォースレア。(トリプルの次は、カルテットじゃなかった?というのはおいといて。)

WCCF的には、
KOLEかMVPが最強と思っていたら、、

king of kings of LE とか、
MVP of decade
なんてのが突然出て、たとえば、
MVPDメッシとか、KKLEマラドーナとかが出たりして、、、、

そしたら、今までのMVPメッシやKLEの価値は…

ま、子供のゲームだからね。
というよりも、
ゲームのパック(カード)は自己責任で購入しないといけない。
ギリシャ株のように、いつゴミになってもいいつもりで買わないと。
[PR]

by akogarehotel | 2011-12-14 21:35 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 闘病記 平成23年12月18日(日) トヨタカップのバルサ本 BEカ... >>