尋ね人「シロガスキー監督」  平成24年2月25日(土)

尋ね人「シロガスキー監督」  平成24年2月25日(土)


ICをなくした。。。
ファンペルシーチームのIC。先日、中学生にいろいろとプレゼントしたとき、そのままマトリクスに忘れてきた。
しかし、ゲーセンには届いてないという。
捨てられちゃったか、、、まさか使ったりはしないだろうから、

年俸14億
チーム名「ファンペルシー」
監督「シロガスキー」(一部伏字)
追加が噂されるポルト柄のIC。
見つけた人は御連絡ください。。。。


で、仕方ないので、たまたま持っていたチームで遊んだ。
「ビアトリ&アルヘンスター」
f0131183_10443741.jpg

BビアトリとアルゼンチンBCG優良白の全白チーム。
前のバージョンで60試合消化のまま止まっていた。

で、久ぁしぶりにプレイしたら、、、

ビアトリが別人?!
ボカチームのビアトリと別人?!

ボカチームのビアトリは、エリア内のシュートでさえコロコロ。エリアの外から蹴ったりしたら100%観客席へ飛び込む。シュート成功率なんて計算する気力もない。
ところが、この「ビアトリチーム」のビアトリは弾丸シュートをバシバシ炸裂して、シュート失敗率を計算できないくらい。つまり、滅多に失敗しない。

この違いはもちろん、六角形。
それ以外の理由はない。KPも☆も一緒。
六角形のオフェンスの大きさが違うだけ。
ビアトリBCGチームの六角形↓
オフェンスはA。セレスティブランコを発動するため「世界有数」。
f0131183_10445865.jpg


一方、ボカチームの六角形は、アンチファンタ「S」を発動し、なおかつ年俸5億なので、オフェンスは「C」の上限。ギリギリBに届かないレベル。

そんなもんだよね。
そんなこったろう。
でも、今までは違いがそんなに顕著じゃなかったように思うけど…
てことはディフェンスを「S」にするなんて考えないほうがいい?
オフェンス「A」でこんだけ素晴らしいシュートを打つのだから、オランダ的に「すべてA」の正六角形が理想形かな、と。

少なくとも、失点するストレスよりも、シュートを失敗するストレスのほうが圧倒的に大きいし。


で、チャントロとかジャパンとかICCとか楽勝しちゃって、、、
いつのまにか三冠。あとPC、EPCという弱いキャラを倒せば全冠。
だけど全冠なんて全然興味ないので、その後はWT三昧。低級カップは、むしろ任期がもったいない。


WTでは、監督の体力と根気の続く限り、片攻と追いかけっこをしながら、
勝ったり負けたり勝ったり。

勝、勝、負、勝、勝、負、勝、勝、負、

綺麗にこんな結果。さすがに5連勝はむずかしい。


ところで、最近のマイナーチェンジで、
アンチファンタが個人効果になった?
サイドエリアブロックも個人効果?前から?
一方、
バイタルエリアブロックが強くなった?さらに強くなった?


で、1011バージョンには優良白が多いのだが、

なかでも左SBエインセ1011が予想以上の活躍。
片攻に対して、なんとか立ちはだかっている。
(1011はグループH。立ち上げ直後はグループGを使用。20試合でグループBと太線になったらグループHへ変更。これで一度も擦らずに全員と太線。)

しかし、最大の壊れカードはこれ↓
f0131183_10451472.jpg

1011マキシロドリゲス
個人的には1011白のMVP候補。ロビーニョ・ベンゼマを超える?

たまたま間違って、右WG(FW配置)で使用したら、化けた。ウイングとして突破しまくり。カットインしてシュートも正確。
あまりの大活躍なのでミーティングで褒めまくってたら、いつの間にか特殊も覚醒した。サイドエリア支配の「A」。そしたら、さらに進化。
リアル配置でも片攻並みの攻撃力になったと思う。
これでキャプテンシーボーナスまで持ってるんだから、優遇されすぎ。
おかげでイグアイン0708の居場所がなくなってしまった。(スーパーサブだからベンチでOK。)
図臼さん、使ってる?


そんなわけで今週は「種まき」
来週が「収穫」
ボカチームがチャントロ。
ビアトリチームが三冠。
このゲーセンの過疎具合からして、誰かがベストイレブンになるだろう。そしてWTへチャレンジ。
[PR]

by akogarehotel | 2012-02-26 10:45 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(1)  

Commented by めにぃ at 2012-02-26 17:57 x
>あこがれさん

コメントありがとうございます


いただいた情報は、確定情報として更新いたします!


今後ともよろしくお願いします(・∀・)

ICカード見つかるといいですね
名前
URL
削除用パスワード

<< うちの子に限ったブログ 平成2... 麻雀放蕩記 後編  平成24年2月 >>