チャンピオンズリーグの感想文 平成24年3月8日(木)

チャンピオンズリーグの感想文 平成24年3月8日(木)

アーセナル 3-0 ミラン
APOEL 1-0 リヨン (PKでAPOEL勝利)
バルセロナ 7-1 レバークーゼン
(もう1つの試合は見てない。ごめん。)

アーセナル
 アウェイでの大敗に、次はいつ試合があるか、ということすらも忘れるようにしていたが、、、
いつのまにか試合を見ていた自分。で、前半で3点を返し、おいおい?と期待させられ、持ち上げられたが、、、、
やはり落とされてしまった。
後半、敵ゴール前でゴチャゴチャして、ファンペルシーのチップショットをアビアーティがファインセーブしたが、まぁあれは仕方ない。
それよりもアーセナル側にも「フラグ的」なセーブが何度もあった。
シュチェスニーが飛び出した無人のゴールに、イブラのミドルが枠をはずすとか。ノチェリーノのシュートをシュチェスニーが足でトラップするようにセーブするとか、
あと1点取れ!というよりは、よくあと1点取られなかったな、という感じ。
本当は、PK戦でのアビアーティのKP発動を見てみたかったけど、仕方ない。

それにしても、イブラヒモビッチは恐い。パスミスした味方を睨んでる。ガチガチの体育会系の部活にいる近寄りがたい怪獣のようだ。

リヨン
応援する側がことごとく負けて、なんだか申し訳ない。関係ないけど。
WCCFカードのクリスって、なんだか優しい雰囲気があるけど、実際はそんなわけないよな、世界レベルのプロだもん。ものすごい気迫で奮闘してた。
結果的に、0-1で終わったけど、数字のとおりにAPOELのが上じゃない?
リヨンの選手のほうが疲れがたまったのか、全然攻撃できてない。中盤でカットされて逆襲!の繰り返し。ロリスの鼻ばかりが目立ってた。
ま、1112バージョンでの「PKをはずしやすい選手」に何名かがリストアップされたはず。

 で、キプロスって、どこ?

バルセロナ
 コロンビアのファルカオガルシアさんのコメントが全てを語っている。
「メッシは、プレイステーションのゲームかと思った。」
 まさにWCCFのメッシ無双。でもゲーム上では許されるけど、現実で起こってはいけないような気がする…
 プレステが世界的に有名であることにも改めて驚いた。



………

WCCFのこと。
最近、なんだか、へんだ。といってもチームの調子じゃなくて、、

COMと対戦していると眠くなる。
たとえチャントロだろうと、なんだか眠い。
暇だ。KP地蔵で赤ボタンしか押す必要がないからだろう。

対人戦が恋しい。

でも、店内対人は理不尽なフラグが多すぎる。
ウイングがクロスを上げる前にシュートボタンを押してしまい、
…早すぎたかな
と思ったが、無事にクロスを上げてくれた。山なりのクロスを。
ところが、受け取ったFWがトラップしてドリブルとか、、、もう、どうにでもして!って感じ。その後は、マジメに画面を見る気がしなくなる。

とすると、マッチング操作が行われるWTが楽しい、ってことになる。
消去法。
間違っても「オレツェーからWT楽しい」なんて思わない。そこんとこ注意。

結果的に、年俸がなかなか上がらない。
新規ICのファンペルシーチームの年俸が、やっと4億。勝ったり負けたりなので、1勝しても年俸が80万くらいしか上昇しない。。。マジ?!

ま、そんなチームでもWTで、5勝3負1分。わりと楽しい。
少なくとも店内対戦よりは楽しい。
ただし、疲れるから一日3戦くらいが限界。間にフレンドリーをはさんだとしても6クレで十分。
[PR]

by akogarehotel | 2012-03-09 12:38 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 病気療養中  いつもの日記 平成24年3月6... >>