岸和田競輪日記   平成24年5月4日(金)

岸和田競輪日記   平成24年5月4日(金)



昨日が不完全燃焼だったため、今日も競輪。
というか、大幅に予算が余ったのでよりいっそうの支援を。
支援先はもちろん日本自転車振興会。


名古屋から満員の新幹線に乗り、梅田、なんばを経由して南海の春木駅へ。
駅からは、徒歩5分で岸和田競輪場。
名古屋から1時間40分。近い。

岸和田競輪場には数年前の「大阪なんだかわからないオフ」の時以来、2回目。あのときは月野さんとデュークさんもいたけど、岸和田競輪場ってかなりボロボロで汚かったイメージ。
その後、ダービーが開催されたために場内が整備されて、今では、ほら、こんなに!
f0131183_18261583.jpg

f0131183_18264441.jpg

f0131183_182771.jpg

岐阜競輪場のように綺麗なスタンド。同じく500円なのが申し訳ない特観席。選手が目の前に見えるのは、ほぼ全ての競輪場共通。
ごみ箱みたいだったバックスタンドは撤去され、モトクロス自転車のサーキットになってる。


f0131183_1827351.jpg

で、いつもの準備完了。戦闘開始。
本日は「モーニング競輪」のため朝9時から開催中。間に合ったのは5Rからだったが…
『旅打ちは調子がいい』の法則。
ほれ。
f0131183_18275958.jpg

ほれほれ。
f0131183_18282292.jpg

ほれほれほれ。
f0131183_182842100.jpg

あれあれあれあれ?
f0131183_18291158.jpg

あれれれれれ?
f0131183_18293351.jpg


なんと連続5Rすべて的中。しかも8Rは5000円、9Rは12000円の配当。

でも、あくまでも途中経過。

『全ては最終レース次第』の法則。
どんなに勝っていようが、プラス分+本日の予算を最終レースに全部つっこむので、、、


最終11R A級、初日特選

⑨番選手が「A級ナンバー1の自力足」だそうで、捲りの⑨③がガチガチオッズ。
え?昨日の岐阜にもA級ナンバーワンがいたけど、、、?

レースは最弱ラインの④②⑧が逃げて、⑨③が捲る展開。
ところが、⑨のスピードに着いていけずに③が千切れて、、、
4コーナーで、こんな感じ。

 ←⑨
←④②⑧

⑨②からドカンと三連単を買っている私は、これはもう大興奮。
キターーー!

ところが、、、
②が番手のまま動けず?一歩も前に出られない。
⑨④②でゴール。②はハコサン。。。


【用語解説】
ハコサン:
 もっとも優勝しやすい2番手(ハコ)を走らせてもらったのに、結果的に3着になること。クズ、とか、バカ、とか、アホとも言う。この状況では、どれだけ野次っても怒鳴っても、客に正当性がある。もはや禁止語句など存在しない。
同様の位置で、5着になることをバンゴハンというが、さすがにあまり見かけない。



⑨②④なら万単位の儲け。⑨④②ならただの紙くず。。。


それでも、トータルではプラスマイナスゼロだったので、楽しんだぶんだけ俺の勝ちとしよう。
昨日に続いて、同じ結果だけど。


……


競輪のあとは梅田へ移動。
雀荘「マーチャオ梅田店」へ。

フリーなんて何年ぶりだろう?子供が生まれてから雀荘に来た記憶がない。
麻雀自体はおそらく1年以上やってない。

で、大阪なのでサンマ。
これが目的で、雑誌で調べてこの店に来たのだが、、
「麻雀放蕩記」のように学生時代は自分もサンマ主体だったので、甘い気持ちでやってきたのだが、、

とりあえずルールが、
・完先
・食いタンなし
・萬子は一と九だけ
・筒子の⑤と索子の5は、4枚ずつすべて赤ドラ扱い
・「北」は常に役
・花4枚ドラ扱い、青花1枚チップ
・裏、一発チップ
・35000持ちの40000返し
・トビ終了、チップ2枚
・配給原点以下は沈みウマ、チップ3枚相当
・王牌は自模できるところまで自模
・流し満貫は役満扱い


知っているルールもあれば、初耳アワーなルールもありだけど、「完先」ってだけで、すでに大混乱。
というか、一番大事なルールは「泥酔者、麻雀禁止」だったりするが、、、

実は恥ずかしいことに、
「チーはアリですか?」
とは最後まで聞くことが出来なかった。ま、鳴かなきゃいいや、と。

で、ドラが表だけで16枚も存在するインフレ麻雀。でもチップが5000点相当なので、みーーんなが、
リーチ、なんとか、ツモ、裏いくつ
て感じ。ま、誰にでも攻撃力のある手が入るので、ついていなくてもなんとか対処できるような、できないような。


ただ、初めての店で、初めてのルールで、競輪の酒が残っているほろ酔い加減で、、、
これでいい結果が残るはずなし。
和了ったけど、ドラが数え切れないくらい乗って、、、10、11、12、、?
あれ、3倍満?なんて申告したら、、、

数え役満だった!と次の局に気がついたりして、、、、初心者モード全開。

でも、しっかりと流し役満をあがってウハウハ。


4時間弱で10半荘。トップ3回、ラス3回。てことは2着4回で、まぁまぁの結果なはずだけど、、、マイナス9000。
2着でも沈みウマがあるからマイナスなんだね。役満があるのでチップはプラスなのに。
4麻よりも勝ちにくい印象。
でも楽しい。単純に、和了れる確率が4分の1から3分の1になるから。



店内はとても綺麗で、店員さんも明るく元気。
いまどき、雀荘なんてやっていけるの?と思ったけど、この店は大丈夫みたい。全国チェーンで、東京にもあるみたいだから、今度行ってみよう。
ただし、東京は4麻だろう、さすがに。




夜10時すぎに、おじいちゃんちへ帰宅。
あーー、さすがに遊び疲れたな、こりゃ。
[PR]

by akogarehotel | 2012-05-07 18:29 | 競輪ブログ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< ヨーデルの森  平成24年5月... その3 名古屋のグルメ情報? ... >>